【Colorful Interview】おかゆ 「赤いひまわり」 Vol.2

おかゆが語る、初挑戦尽くしの作品たちとともに届ける決意 

おかゆが4月27日、4枚目のシングル「赤いひまわり」をリリースした。前作「愛してよ」に続く、おかゆ本人が作詞作曲をした本命歌謡曲だ。北海道に咲く“赤いひまわり”と呼ばれる花をモチーフに、恋人だと思っていた男性の愛が偽りであることを知ってしまった女性の悲しみと葛藤を切なく歌う。
今回は細部までこだわり抜いた「桜綴(さくらつづり)」「真夜中のマーメイド」、ちあきなおみのカバー「夜間飛行」のカップリング3曲について、おかゆの熱い思い、全力で挑んだそれぞれの曲での“初挑戦”についてお届けする。

 

ポジティブな愛に対する憧れを込めた「桜綴(さくらつづり)」

毎年春は来るけれど、桜をあまりじっくりと眺めたことがなかったように思います。

母が亡くなったのは4月。春はどうしても切ない気持ちが入り混じる季節です。けれど、誰もが楽しみに見上げる桜や、出会いと別れが交錯するような春らしい感情が、私には抜けている感じがするんですよね。それは何でなんだろうと考えてみると、あまり愛や家族に対してポジティブな感情を持っていないからかもしれません。早くに母を亡くしていたり、青春時代を“流し”に捧げてひとりで過ごしてきたり……。

じつはこれまで、ポジティブな愛や恋の歌を一度も書いたことがありませんでした。桜は散るのが早いじゃないですか。その儚さや美しさは、愛に似ているかも。そんなことを考えながら、綺麗な言葉をたくさん使い、綺麗なメロディーに乗せて、「桜綴(さくらつづり)」に私の愛に対する憧れを込めてみました。

桜がひらひらと舞って季節が変わっていくということは、人が人生のページをめくっていくこと。一緒にめくっていく誰かと、物語を作り上げていく。前向きでポジティブな気持ちで、未来への思いをしたためていきたい。そう思っていたら、 “桜”に“綴る”という文字を重ねた優しい曲が出来上がりました。ポジティブなラブソングを初めて作ったので、少しドキドキもしたんですけれど、これまで私のことを知らなかった方にも聴いていただけたらいいなって思います。

 

難産だった「真夜中のマーメイド」。主人公には覚悟がある

何もないゼロの状態から詞を書いてメロディーを作って、アレンジしていただいて。そして作品として出来上がる瞬間が、私はたまらなく好きです。なんとも言い表せないような最高の気持ちになります。

「真夜中のマーメイド」は、今回の作品たちの中で一番の難産でした。この曲では80年代、90年代を風靡したシティポップのキラキラした要素をたくさん入れて、シティポップど真ん中の曲に初めて挑戦しました。

舵は誰が持とうとも この中で
私泳ぐと決めたのだから
真夜中のマーメイド
(「真夜中のマーメイド」より)

水槽にたとえた家の中を真夜中、人魚のように主人公はひとり泳いでいる。愛する人のために作った夕食が冷めきっても待ち続けている主人公には、強い覚悟があります。“私はここにいるって決めたから。この場所でずっと泳いでいるから”。詞が明るい内容ではなくてもメロディーが明るいとその対比がエモい感じになってよりリアルに、でもファッショナブルな作品になったと思います。

 

大好きな「夜間飛行」を歌わせていただけるなんて!

ちあきなおみさんのたくさんの名曲の中でも、異国情緒があってお洒落で昔から大好きな作品。『THE カラオケ★バトル』に出演して2回目の優勝のときに歌わせていただいたのがこの「夜間飛行」でした。その後『昭和歌謡ベストテンDX』という番組の「歌い継ぎたい名曲」でも歌わせていただいて、そのときに、その場でディレクターさんが「シングルのカップリングに入れましょう!」と言ってくださいました。まさかこの曲をカバーさせていただけるとは思わなかったので、本当にうれしかったですね!

ですが、大好きな作品だからこそ、ちあきさんの世界観を絶対に壊したくないという思いがありました。リスペクトの思いをいちばんに、ちあきさんが表現されていた「夜間飛行」のドラマを私の声で私の表現で、令和の「夜間飛行」として歌わせていただきました。

そして、この曲の世界観を表現するためには、曲間に入っているフランス語のCA(キャビンアテンダント)のアナウンスが絶対に必要でした。そのアナウンスをどうしても自分でやりたかったので、耳コピで覚えてやり切りました! おかゆ、フランス語初挑戦。耳コピでも大変でした~! フランス語、めちゃくちゃ難しいですね(笑)。

 

先輩方の背中を追って、この道を歩いていく

今年、4年目を迎えました。4作目となる今回、ここまでさまざまなことに初挑戦をさせていただけたのは、応援してくださっているファンの皆さん、スタッフさんをはじめ、かかわってくださるすべての方々が、いつも温かく見守っていてくださるおかげです。

初めて”花”をモチーフに作品をつくり、そしてMVに初出演し演技に挑戦した「赤いひまわり」。おかゆにとって初めてのポジティブなラブソング「桜綴(さくらつづり)」。「真夜中のマーメイド」は大好きなシティポップど真ん中を目指して作りあげた初めての曲。そして「夜間飛行」では、初めてフランス語のアナウンスに挑戦と、初挑戦尽くしのとてもいい経験をさせていただきました。
まだまだやりたいことはたくさんありますし、なんといっても、私は歌謡曲が大好きです。歌謡曲に魅せられ、憧れて今の私の人生がある。これまで素晴らしい作品を築き歌謡界を守ってこられた先生方と、歌手の大先輩方が残してくださった遺産を大切に守っていきたい。そして私も、令和の歌謡曲シンガーソングライターとして、先輩方の背中を追って一生懸命この道を歩いていく決意です。少しずつでも近づいていくことができるように頑張ります!

(取材・文/夏見幸恵)

【PROFILE】おかゆ 1991年6月21日、北海道札幌市出身。歌手になることが夢だった母のもと、小さい頃からスナックに連れて行かれ歌謡曲を聴いて育つ。急逝した母の夢を引き継ぎ、2014年から“流し”の活動を始める。2017年、テレビ東京『THEカラオケ★バトル』で2回優勝に輝き、2019年には47都道府県を”流し”で制覇。2019年「ヨコハマ・ヘンリー」でメジャーデビューを果たす。SNSでのヒット曲から昭和歌謡、シティポップまで幅広くカバーしたアルバム『おかゆウタ カバーソングス2』が好評発売中。BSテレビ東京『徳光和夫の名曲にっぽん』、全国8局ネットのラジオ番組『ラジおかゆ』に出演中。

 

▶︎【Colorful Interview】おかゆ 「赤いひまわり」Vol.1 おかゆが語る、初挑戦尽くしの作品たちとともに届ける決意
▶︎池袋・CDショップ五番街でおかゆの新曲「赤いひまわり」発売記念パネル展を開催!

 おかゆの”ちょっと”ファッションの話 ~最近、イヤーカフがお気に入り!~

イヤーカフにハマっています! 最初は着け方がわからなくて、「どうやってつけるんですか?つけたことな~い」と戸惑ったんですけれど、つけてみたらとてもお洒落でかわいくて、すっかりハマっちゃいました。ピアスも開けていますが、ピアスは髪型によっては引っかかってしまったりで気になってしまうので、最近はイヤーカフの出番が多いですね。デザインはなるべくシンプルなものが好きです。これからぜひ、私の耳にもご注目ください(笑)!

今回の新曲「赤いひまわり」のジャケット写真でもイヤーカフを身につけて撮影。「夜間飛行」のジャケット写真でつけているイヤーカフは、昨年から衣装でお世話になっているお店のスタッフの方からプレゼントでいただいたお洒落なデザインでお気に入りだそう。

 

 

NEW RELEASE!!

2022年4月27日発売
おかゆ「赤いひまわり」
【桜綴盤】

「赤いひまわり
作詞・作曲:おかゆ 編曲:多田三洋
c/w「桜綴」
作詞・作曲:おかゆ 編曲:多田三洋
ビクターエンタテインメント VICL-37633 1,350円(税込)

2022年4月27日発売
おかゆ「赤いひまわり」
【マーメイド盤】
「赤いひまわり
作詞・作曲:おかゆ 編曲:多田三洋
c/w「真夜中のマーメイド」
作詞・作曲:おかゆ 編曲:阿部靖広
ビクターエンタテインメント VICL-37634 1,350円(税込)

2022年4月27日発売
おかゆ「赤いひまわり」
【夜間飛行盤】
「赤いひまわり
作詞・作曲:おかゆ 編曲:多田三洋
c/w「夜間飛行」
作詞:吉田旺 作曲:中村泰士 編曲:斉藤真也
ビクターエンタテインメント VICL-37635 1,350円(税込)

 

CHECK!!

おかゆ公式Twitter
おかゆInstagram
おかゆ公式YouTubeチャンネル
おかゆTikTok
Official Fanclub「おかゆん家」


▶︎おかゆのカバーアルバム 『おかゆウタ カバーソングス2』、2022年1月26日に発売決定!
▶︎おかゆが『おかゆウタ カバーソングス2』発売記念コンサート『有楽町で歌いましょう!』を開催。4月の新曲リリースをサプライズ発表!
▶︎おかゆの4枚目のシングル「赤いひまわり」、4月27日にリリース決定!
▶︎初のスキャンダルが発覚⁈ おかゆが体当たりで挑んだ新曲「赤いひまわり」ミュージックビデオが本日先行公開!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。