• HOME
  • インフォ
  • おかゆのカバーアルバム 『おかゆウタ カバーソング2』、2022年1月26日に発売決定!

おかゆのカバーアルバム 『おかゆウタ カバーソング2』、2022年1月26日に発売決定!

2014 年から”流し”として活動を始め、2019年「ヨコハマ・ヘンリー」で颯爽とメジャーデビューを果たしたおかゆが、カバーアルバム『おかゆウタ カバーソング2』を来年1月26日に発売する。

歌手になることが夢だった母に小さい頃からスナックに連れて行かれ、そこで歌謡曲を聴き演歌・歌謡曲の魅力を知ったおかゆは、平成生まれ。急逝した母の夢、遺志を叶えるためにその後盛り場で”流し”として歌い始めた彼女は、母がいちばん好きだった髙橋真梨子をはじめ、藤圭子やちあきなおみなどの昭和を彩った名曲を好んで歌ってきた。

『おかゆウタ カバーソングス2』は、そんな彼女の歌声が心に響く昭和・平成・令和の流行歌を厳選したカバーアルバム2作目。おかゆならではの楽曲セレクトと、録音演出を楽しめる内容となっている。
M1に収録されている「雲の上」(オリジナル/心之助)という楽曲は、2021年8月末にリリースされて以降Billboard JAPAN発表の“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”で4週連続1位を記録しており、iTunesのHipHopチャートでも1位を記録している、今最も旬な作品のひとつ。おかゆが初めてのRAPにチャレンジしており必聴の1曲だ。
さらに、M3の「メロディー」(オリジナル/玉置浩二)では、ピアニストの生演奏と合わせての同時一発録音にも初挑戦。ひとつの部屋の中で、ブースなど使用せず録音した音源にはおかゆの息遣いやその部屋のノイズ、鍵盤を弾く音などが入っており、録音の臨場感を味わうことができるカバーとなっている。
M10の「氷雨」(オリジナル/日野美歌)は、おかゆの原点である”流しスタイル“でのカバー。お客さんのいる居酒屋に”流し”として入ってきたおかゆが、本人の生ギター演奏でリクエストされた曲を歌うという、実際に行なっていた”流し”のスタイルを再現した。家でお酒を飲みながら、おかゆの”流し”を体験できるというボーナストラックになっている。

YouTubeでは、このアルバムの全曲を試聴できるダイジェストも公開中。

そして、今作撮り下ろしたビジュアルも公開された。
「このカバーアルバムで様々なおかゆの側面を見せてゆきながら、次の新曲につなげてゆきたい」 というおかゆ自身の発案で生まれたジャケットは、今までとはひと味違った、おかゆの魅力があふれたものとなっている。

今後の予約イベント情報、イベントの日程や毎回恒例となっているイベント特典など、詳しくはビクターエンタテインメントホームページでチェックだ。

NEW RELEASE!!

2022年1月26日発売
おかゆ『おかゆウタ カバーソング2』

収録曲 ※カッコ内はオリジナル歌手
M1 雲の上(心之助)作詞:心之助 作曲:心之助・ES-PLANT 編曲:高田 透
M2 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)作詞:及川眠子 作曲:佐藤英敏 編曲:阿部靖広
M3 
メロディー(玉置浩二)〜ライブ録音〜 作詞:玉置浩二 作曲:玉置浩二 編曲:多田三洋
M4 東京(やしきたかじん)作詞:及川眠子 作曲:川上明彦 編曲:斉藤真也
M5 思秋期(岩崎宏美)作詞:阿久悠 作曲:三木たかし 編曲:斉藤真也
M6 みずいろの雨(八神純子)作詞:三浦徳子 作曲:八神純子 編曲:斉藤真也
M7 五番街のマリーへ(ペドロ&カプリシャス)作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一 編曲:斉藤真也
M8 DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)作詞:伊藤銀次 作曲:山下達郎 編曲:斉藤真也
M9 星めぐりの歌 作詞・作曲:宮沢賢治 編曲:高田 透
ボーナストラック
M10 氷雨(日野美歌)〜流しスタイル〜 作詞・作曲:とまりれん 編曲:おかゆ
ビクターエンタテインメント VICL-65637  3,000円(税込)

CHECK!!

おかゆ公式Twitter
おかゆInstagram
おかゆ公式YouTubeチャンネル
おかゆTikTok
Official Fanclub「おかゆん家」

 

関連記事