• HOME
  • ニュース
  • デビュー20周年を迎えた山口ひろみが千葉・港町弁財天で記念曲「哀愁港町」のヒット祈願

デビュー20周年を迎えた山口ひろみが千葉・港町弁財天で記念曲「哀愁港町」のヒット祈願

今年デビュー20周年を迎えた山口ひろみが、4月12日、千葉県千葉市・厳島神社 港町弁財天で本日リリースとなった新曲「哀愁港町」のヒット祈願を行った。

山口は、2002年5月に「いぶし銀」でテイチクより歌手デビュー。北島ファミリーの”末娘”的ポジションとして活躍し、今年デビュー20周年、歌手として成人を迎えた。さらに、今年は師匠である北島三郎も芸道60周年を迎えるということで、今作は作詞作曲も北島が手がけている(原譲二名義)。

「4日間で36 (サブロー)時間レコーディングに費やしました。20周年を迎え、新たな出発をするにあたり師匠に作っていただいた宝物の曲です。稽古は夜中にまで及ぶ日もあり、師匠が声を枯らして何度も何度もレッスンをしてくださった。自分もなかなか思うように歌えず、気持ちが折れてしまいそうな時もありましたが、師匠に『これはすべて山口を成長させるため、そしてお客さまに山口の成長した姿をお見せするために厳しく指導している。だから頑張れ』と言っていただいて、思わず涙がこぼれました」(山口)

と、レコーディングの際の北島の稽古は非常に厳しかったと振り返った。
またカップリングには、北島三郎の名曲「知床愛歌」をカバーして収録。「哀愁港町」とは違う山口の味わい深い歌唱が楽しめる。

また、昨年山口は一般男性との結婚を発表。

「結婚して10カ月。ようやく落ち着いてわかり合える関係になりました。自分がまた一歩成長できた気がします」と公私ともに順調な一年を送っている様子をうかがわせた。

そして、結婚と同時に千葉県民になったことを報告し、先日完全試合を成し遂げた千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手の活躍にふれ、「自分が歌手デビューしたタイミングで生まれた佐々木投手が活躍されているのを見ると非常に感慨深いです。これを機に野球観戦をし、いつかZOZOマリンスタジアムで国歌斉唱をしたい」と意欲を見せた。

その小さな体から発せられていると思えないほどのパワフルな歌声と天真爛漫な明るさに、日本中が元気をもらえることは間違いない。20周年を迎え、つねに止まることなく成長し続ける山口の活躍から、今後も目が離せない。

 

NEW RELEASE!!

2022年4月13日発売
山口ひろみ「哀愁港町」

「哀愁港町」
作詞・曲:原譲二 編曲:遠山敦
c/w「 知床愛歌」
作詞:星野哲郎 作曲:原譲二 編曲:鈴木操
テイチクエンタテインメント TECA-22017 1,350円(税込)

 

CHECK!!

山口ひろみオフィシャルサイト
山口ひろみオフィシャルブログ
山口ひろみInstagram

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。