• HOME
  • インフォ
  • 夏川りみ、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『会いたい 〜かなさんどぉ〜』を6月22日にリリース

夏川りみ、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『会いたい 〜かなさんどぉ〜』を6月22日にリリース

夏川りみが、オリジナルアルバム『会いたい ~かなさんどぉ~』を6月22日にリリースする。

音楽を通じて地元である沖縄を応援したいという思いのもと、4月9日・10日の2日間にわたり、かりゆし58、D-51、玉城千春 (Kiroro)ら豪華アーティストとともに「Local Love Music Live with TikTok」 in 沖縄と題し配信したTikTok LIVEが大きな話題を呼んだ夏川。
2019年に歌手活動20周年を迎えた際にリリースした『美らさ愛さ』以来、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『会いたい ~かなさんどぉ~』は、「かなさんどぉ」という沖縄の方言で「愛してるよ」を表す言葉をタイトルに掲げた、昨年、沖縄島北部(やんばる)及び西表島が、奄美大島、徳之島とともに世界自然遺産に登録され、今年は本土復帰50年の節目の年を迎えるなど大きな注目を集める”沖縄”を舞台にした曲を中心に、地元愛や家族愛、大切な人たちへの愛がぎっしり詰まった作品となっている。

日本最南端の島・波照間島を舞台にしたミディアムアップ曲「波照間ブルー」、生まれ育った島がいつまでもこのまま美しくありますように、と全編沖縄方言の「うちなーぐち」で歌われた「愛さ生まり島」、今は会えない遠く離れた人への思いを、二胡と古筝が入った異国情緒あふれるアレンジで歌った「会いたい(想你)」{※想你=読み:シャンニー}の3曲は、夏川が作詞・作曲に参加。さらに、沖縄を感じる音楽を届けることをコンセプトに開催してきた「沖縄からの風コンサート」をきっかけに、昨年12月に、宮沢和史、夏川、大城クラウディアの3人によるプロジェクトにより発表されたアルバムのタイトル曲「沖縄からの風」の夏川りみソロバージョンも収録されている。

アルバムは全8曲入りで、DVD付の初回限定盤とCDのみの2種類が発売。DVDには、昨年8月に地元沖縄・石垣島より、日本のみならず台湾、ベトナム、マレーシア、フィリピン、ペルー、ブラジルに向けグローバル配信され大きな話題を呼んだTikTok LIVEでのパフォーマンスの模様が収録される。

アルバムのリリースに先駆け、5月4日には「会いたい(想你)」、6月8日には愛する人の新たな旅立ちへの思いを綴った「風結び」を先行配信することが決定。また、発売を記念してインターネットサイン会を6月18日に実施することも決定した。受付詳細は、ビクターオンラインストア特設ページまで。

6月25日からは、東京・大手町三井ホールより、夏川りみコンサートツアー2022「たびぐくる」と題し全国ツアーがスタート。9月19日の福岡市民会館までの11公演が現在発表となっており、本ツアーでは夏川本人作詞の新曲も披露される予定だ。
詳細は、夏川りみオフィシャルサイトへ。

 

NEW RELEASE!!

2022年6月22日発売
夏川りみ『会いたい 〜かなさんどぉ〜』
【収録曲】(初回限定盤・通常盤共通) 全8曲収録(曲順未定)
「会いたい(想你)」 作詞:RIMI 中国語詞:姜小青 作曲:醍醐弘美、RIMI 編曲:醍醐弘美
「波照間ブルー」 作詞:醍醐弘美 作曲:醍醐弘美、RIMI 編曲:醍醐弘美
「愛さ生まり島」 作詞・曲:RIMI 編曲:醍醐弘美
「沖縄からの風」 作詞・曲:宮沢和史 編曲:京田誠一
「風結び」 作詞・作曲・編曲:中村泰輔
「夏の少女」 作詞・作曲・編曲:中村泰輔
「夕凪」 作詞・曲:ケイスケサカモト 編曲:遠藤ナオキ
(ボーナストラック)タイトル未定

【初回限定盤DVD収録内容】
夏川りみ TikTok LIVE in 石垣
ビクターエンタテインメント (通常盤)VICL-65706  3,300円(税込) (初回限定盤)VIZL-2068 5,500円(税込)

5月4日「会いたい(想你)」/6月8日「風結び」/6月22日アルバム「会いたい ~かなさんどぉ~」
音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信スタート。
※対応ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、YouTube Music、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、TOWER RECORDS MUSIC

CHECK!!

夏川りみオフィシャルサイト
夏川りみ公式Twitter
夏川りみInstagram
夏川りみTikTok
夏川りみ公式YouTubeチャンネル

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。