• HOME
  • ニュース
  • 秋元順子が新曲「なぎさ橋から」誕生のきっかけとなった伊東市役所を表敬訪問。感謝の意を伝える

秋元順子が新曲「なぎさ橋から」誕生のきっかけとなった伊東市役所を表敬訪問。感謝の意を伝える

秋元順子が4月12日、新曲「なぎさ橋から」の誕生のきっかけとなった静岡県・伊東市の伊東市役所を訪れ、小野達也市長を表敬訪問した。

作詞家の喜多條忠氏(2021年逝去)が、伊東市吉田にあるゴルフ場・サザンクロスリゾートを訪れる際に何度も通ったのが、相模湾を臨む“なぎさ橋”。このなぎさ橋を舞台に描かれた、今年2月にリリースされた秋元の18枚目のシングル「なぎさ橋から」は、まさにこの橋がなければ生まれ得なかった曲であり、秋元にとっては喜多條の思い出が詰まった特別な曲だ。
この曲が生まれるきっかけを作ってくれた伊東市を訪れ、秋元は感謝の意を直接伝えるために今回小野市長を表敬訪問。やや緊張気味に市長室を訪れた秋元だが、にこやかな笑顔で市長に出迎えられると、感謝の意を述べ今作が生まれた経緯と詞の内容について説明した。

一緒にMV(ミュージックビデオ)を鑑賞すると、小野市長は「このビデオのように昼もいいですが夜はまた違った表情になり、伊東にこんなところがあったんだ、という素敵な表情が発見できると思うので、ぜひ泊まりでその風景を見ていただきたいです」と話した。

コンサートのことに話題が及び、6月5日にマンドリンとコンサートをすることを伝えると、なんと市長から「手で作っているマンドリンの、第一人者である野口實(のぐちみのる)は私の義理の兄なんです」という情報が飛び出し、秋元は「こんなことってあるのかしら」と意外な共通点に驚きを見せ、伊東でも60人くらいの編成でマンドリンのフルコンサートが開かれているとの情報にぜひゲストで呼んでいただきたい、と自ら立候補した。

なぎさ橋について市長は、「昭和30年代に作られた橋で、国道なので交通量も多いですが中央の見晴らしのよい場所に踊り場を設けた珍しい橋で、通行する人たちが憩えるようにという配慮がされている橋です」と説明した。

「なぎさ橋から」は、秋元にって具体的な場所の名前がタイトルとなった初めての曲で、「少しでも地元の皆さまに愛していただける曲になってほしいので、いつでも歌いに来たい」と語った。

「なぎさ橋から」は、6月29日に行われる東京・江東区のティアラこうとうでの秋元のバースデーコンサートでも披露される予定だ。

 

NEW RELEASE!!

2022年2月23日発売
秋元順子「なぎさ橋から」

「なぎさ橋から」
作詞:喜多條忠 作曲:杉本眞人 編曲:佐藤和豊
c/w「いちばん素敵な港町」
作詞:喜多條忠 作曲:杉本眞人  編曲:宮崎慎二
キングレコード KICM-31058 1,40
0円(税込)

 

CHECK!!

秋元順子バースデーコンサート
日時:2022年6月29日
時間:開場 14:30~/開演 15:00~
料金:S席 7,700円(税込・全席指定)A席 5,500円 B席 4,400円
予約・お問合せ:03-3402-2171 (インターナショナルカルチャー 10:00~16:00) ほか、各プレイガイドにて販売中

秋元順子オフィシャルサイト
秋元順子オフィシャルブログ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。