• HOME
  • ニュース
  • 友貴一彰が秋田で新曲「金沢の夜」発表会を開催。藤井香愛&yayAも駆けつけ激励

友貴一彰が秋田で新曲「金沢の夜」発表会を開催。藤井香愛&yayAも駆けつけ激励

今年2月2日にメジャー第2弾となる新曲「金沢の夜」をリリースした友貴一彰が、秋田・大仙市のまほろば唐松能楽殿で新曲発表会を行った。

石川県出身の友貴は、10代のころよりロックバンドで活動。30代で演歌歌手としてメジャーデビューを果たし、その端正なルックスと甘い歌声で人気を集めてきた。2年ぶりの新曲となる「金沢の夜」は、前作の「哀しみの雨」同様、作詞を麻こよみ氏、作曲を加藤将貴氏が手がけた自身の出身地である金沢を舞台にした悲恋演歌。
秋田のFM放送であるエフエム椿台で『友貴一彰のほのぼの歌謡曲』というレギュラー番組も持っている友貴は東北にゆかりが深く、山形や秋田にも後援会がある。今回は、長年応援する後援会の会員からのたっての依頼により、延期になっていた新曲発表会がようやく実現することになった。

「秋田の皆さんにはデビュー直後から本当にお世話になっており、本当にありがとうございます。皆様にお会いできたこと、とてもうれしいです。そして同じ事務所の先輩、後輩と一緒に歌えて、とてもうれしいです。今日は精いっぱい歌います」(友貴)

開催を待ちわびていたファン300名が駆けつける中、友貴は新曲「金沢の夜」をはじめ、カップリング曲の「花言葉」、メジャーデビュー曲「哀しみの雨」など全6曲を熱唱。そののびやかで甘い歌声で魅了した。

また、同じ所属事務所の藤井香愛、yayAも応援に駆けつけ歌声を披露。仲間の新たな門出となった発表会に花を添えた。

「全国の皆様のところにお邪魔して『金沢の夜』をひとりでも多くの方に聴いていただきたいです。目標は日本武道館でのコンサートです!」(友貴)

無事に発表会を終えた友貴は、今後の目標を力強く語った。

 

NEW RELEASE!!

2022年2月2日発売
友貴一彰「金沢の夜」

「金沢の夜」
作詞:麻こよみ 作曲:加藤将貫 編曲:伊戸のりお
c/w「花言葉」
作詞:柏清大 作曲:加藤将貫 編曲:伊戸のりお
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91396 1,350円(税込)

 

CHECK!!

友貴一彰オフィシャルサイト
友貴一彰オフィシャルブログ
友貴一彰公式Twitter
友貴一彰Instagram

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。