• HOME
  • スペシャル
  • 【マキノ情報局】File.5 竹川美子さんの多才な特技について調査せよ!

【マキノ情報局】File.5 竹川美子さんの多才な特技について調査せよ!

 

新曲「ひとり岬宿」はさらなるステップになる一曲

マキノ さて、5月11日にリリースされました新曲「ひとり岬宿」についてもぜひお聞きしたいのですが、冒頭でお話しした僕も大好きな「江釣子のおんな」のテイストを感じる作品ですね。初めて聴かれたときはいかがでしたか。

竹川 ひとりで思い出の地へ行って、昔のことを思い出す女性の姿を歌った曲です。私の作品には切ない作品が多いんですけれど、今回はさらに切ない歌をもらったなと。幸薄い女というか……(笑)。竹川美子はそういうのが似合う演歌歌手なんだなと改めて思いました。

マキノ ものすごく寂しい女性の心情や情景を歌っているんだけれども、聴いてみると寂しい、暗いという感じではないですね。

竹川 切ない歌ではありますが、そこまでもの悲しい感じではないですよね。希望があるというか、それでも一途に思っている女性の気持ちが表れているかなと思います。

マキノ この「ひとり岬宿」はどこをイメージされているんだろうね。

竹川 ここ!というお話は作詞の原文彦先生はおっしゃっていませんでした。個人的には、「霧笛」とか「海鳴り」「漁火」などの言葉が出てくるので日本海側のひなびた宿かな?とも思いました。

マキノ なるほど! さぁ、来年はデビュー20周年という大きな節目。ぜひ美子さんの意気込みを聞かせてください。

竹川 今回もまた違う私の良さを引き出していただける作品をいただきました。「ひとり岬宿」は、出だしのフレーズがすごく印象的で耳に残る歌です。20周年という節目の年を迎える前のステップになる大事な一曲だと思っています。カップリングの「花咲峠」は、まだコロナ禍ではありますがいつかきっといい日が来るよという願いも込めた明るい前向きな作品ですので、どちらも皆さんにぜひ聴いて、歌って、楽しんでいただけたらうれしいです!

マキノ 15周年のコンサートの時はミニスカート姿や落語にも挑戦されていましたよね。

竹川 あの時は新しいことなどやりたい放題に挑戦して詰め込みましたね〜(笑)。

マキノ 20周年のコンサートも期待していますよ!

竹川 ありがとうございます!

マキノ 最後に、美子さんに素晴らしい端唄を披露していただきましたので、ぜひご覧ください!

https://color-ful.net/wp-content/uploads/2022/02/マキマキ-300x300.png
マキノ

「江釣子のおんな」大ヒット以来、綺麗な歌声でオリジナル作品を大切に丁寧に歌ってこられて、来年には節目の20周年を迎える竹川美子さん。久々にお話をさせていただきました。清楚であって可愛さを併せ持つ素敵なところはそのままに、楽しい時間でした。ツボ押し気持ち良かったです! ありがとうございました。マキノが司会の6月8日「芸能ミニまつり」ゲスト出演で新曲「ひとり岬宿」披露があります。ご一緒できる日を楽しみにしています!

 

NEW RELEASE!!

2022年5月11日発売
竹川美子「ひとり岬宿」

「ひとり岬宿」
作詞:原文彦 作曲:叶弦大 編曲:南郷達也
c/w「 花咲峠」
作詞:原文彦 作曲:三宅広一 編曲:南郷達也
日本クラウン CRCN-8481 1,350円(税込)

 

CHECK!!

竹川美子オフィシャルサイト
竹川美子オフィシャルブログ
竹川美子公式Twitter
竹川美子Instagram

【PROFILE】牧野尚之(まきのなおゆき) 大学在学中よりテレビ番組やイベント、ステージショーの司会に携わる。2006年10月より2019年の引退まで森昌子コンサートの専属司会を担当。日本司会芸能協会・副会長理事。一般社団法人日本演芸家連合・参与。ステージ司会を務めるかたわら歌手としても活動しており、2022年3月16日に新曲「命の水」をリリース。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。