• HOME
  • ニュース
  • 黒川真一朗が東京&静岡の2カ所でバースデーライブを開催! 来年、20周年記念コンサートの決定もファンに報告

黒川真一朗が東京&静岡の2カ所でバースデーライブを開催! 来年、20周年記念コンサートの決定もファンに報告

黒川真一朗が、8月28日に静岡・カフェレストランTembooo(テンボー)、9月4日に東京・ライブレストラン青山で「バースデーライブ2022」を開催した。それぞれ限定50名のファンに囲まれ、楽しいひと時を過ごした。

デビュー19年目の黒川は、今年2月にリリースした新曲「東京演歌」が好評で男性演歌歌手界の成長株として注目を集めている。オープニングでは、オリジナル曲「紺屋町ブルース」を歌唱し、「コロナ禍で皆さんの前で歌えなかったぶん、歌う喜びを感じます。バースデーライブではふだんなかなか歌う機会のないカップリング曲やアルバム曲のオリジナル曲も選曲しています。楽しんでいただけたら…」とあいさつ。

新曲「東京演歌」は、上野・日暮里・北千住、小岩・亀戸・錦糸町、王子・赤羽・池袋と、東京の下町が歌詞に盛り込まれた、温かさやほのぼのさを感じる作品。

途中、“夏”をテーマにファンクラブやブログなどでリクエストを募り選曲したコーナーや、“ふるさと”をテーマにしたメドレー歌唱曲を盛り込み、大きな盛り上がりを見せた。
また、「歌手になるとき、背中を押してくれた母。コロナ禍で歌えないとき、支えてくれたのは母でした」と語り、吉幾三が作詞作曲を手がけ、吉からもらったという楽曲「かあさんへ」を、涙ぐみながら熱唱した。

そして、「来年2023年は、皆様のおかげでデビュー20周年を迎えます。本当にありがとうございます。20周年に向けて、20周年記念コンサートの開催も決まりました。ますます頑張っていきます」と話し、笑顔でライブを締めくくった。

20周年記念コンサートは、2023年6月30日に東京・亀戸文化センターでの開催が決定している。

◾️セットリスト
M1 紺屋町ブルース
M2 風の町哀詩
M3 旭川
M4 誰かあいつを知らないか
M5 リクエスト“夏”メドレー(想い出の渚~天使の誘惑~ブルー・シャトウ~夜空の星~モンロー・ウォーク)
M6 “ふるさと”メドレー(山彦峠~赤い夕陽の故郷~ふるさとのはなしをしよう~柿田川)
M7 かあさんへ≪「吉幾三トリビュートアルバム『幾三フェスティバル』収録曲≫
M8 東京演歌
Enc. 明日に乾杯

 



NEW RELEASE!!

2022年2月16日発売
黒川真一朗「東京演歌」

「東京演歌
作詞:さくらちさと 作曲:水森英夫 編曲:南郷達也
c/w「紺屋町ブルース」
作詞:有島司 作曲:水森英夫 編曲:南郷達也
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91397 1,350円(税込)

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。