• HOME
  • ニュース
  • 原点回帰! 大滝ひかるが浅草・花やしきでソロデビュー曲「あの日の花吹雪」リリースイベントを開催!はやぶさのヤマトも駆けつけ愛あるツッコミで激励

原点回帰! 大滝ひかるが浅草・花やしきでソロデビュー曲「あの日の花吹雪」リリースイベントを開催!はやぶさのヤマトも駆けつけ愛あるツッコミで激励

歌謡グループ・はやぶさが、今年デビュー11年目にしてレコード会社を日本クラウンに移籍。そのメンバーのひとりであるヒカルが、9月7日に”大滝ひかる”の名前で「あの日の花吹雪」でソロデビューを果たし、8日に東京・浅草の花やしき園内のフラワーステージでリリースイベントを行った。

浅草は、2012年に歌謡グループ・はやぶさとしてヒカルとヤマトがデビューした際、デビュー曲の「ヨコハマ横恋慕」ヒット祈願と初めてお披露目イベントを行ったまさに原点の地。そして、花やしきは過去にセカンドシングル「ちょっと待ってよヨコハマ」のMV(ミュージックビデオ)撮影やファーストアルバム『はやぶさファースト』のリリースイベントなどを行っており、やはり二人にとっては馴染みのある思い出の場所だ。

その地で、このたびソロデビューを果たした大滝は、新曲のジャケット写真で着用している着物姿でステージに登場。まずは、カップリング曲の「守られし里〜縄文さむかわ〜」を熱唱した。

「小さな体でダイナミックな歌声、”ダイナミックボイス”の大滝ひかると申します。皆様お越しいただきまして本当にありがとうございます。10年前に歌謡グループ・はやぶさとしてデビューさせていただきまして、11年目の今年は新たな活動を、ということで昨日9月7日に、日本クラウンよりソロデビューをさせていただきました。浅草の地は、デビューの頃より縁のある場所。はやぶさの原点でもあります。初めて歌唱キャンペーンをさせていただいたのも、デビュー曲のリリースイベントも浅草でした。本日も、こうして素晴らしいイベントを企画していただけて本当に幸せだと思っております」

歌い終え、大滝は感無量の表情であいさつすると、「いまこの場に立てているのも、はやぶさとしてデビューできたから。そのことをこの先もずっと忘れずに、はやぶさの活動も大滝ひかるの活動も一生懸命頑張ってまいりたいと思います」と、祝福と応援に駆けつけたファンの前で改めて決意表明した。

続いて、いよいよデビュー曲の「あの日の花吹雪」を披露。「あの日の花吹雪」は、生みの母を亡くした主人公をわが子のように育ててくれた義理の母との別れと再会を描いた、実話をもとにした作品である。離れ離れになってしまった育ての母に「どうしてももう一度会いたい」と、主人公は手を尽くして探し、物語の最後でようやく二人は再会を果たす。

「”ありがとう””母さんと呼びたい人はあなただけ”と、胸にグッとくる作品になっています。私も母とは小学校1年生のときに離れ離れになりまして、その後は祖母が一生懸命、わが子のように育ててくれました。ですから、この歌には自分の人生も重なるようなそんな気持ちです。これから大切に歌わせていただきたいと思います」

「ステージからこうしてファンの皆さん、スタッフさん皆さんのお顔を拝見しているとこみ上げてくるものがあります」。デビュー日には、感極まり号泣したという大滝。熱い思いを胸にデビュー曲を歌い上げた。

表現力豊かに、そのダイナミックボイスで歌い上げると会場からは大きな拍手が湧き起こり、大滝を優しく包み込んだ。

そして、会場にははやぶさのヤマトの姿も。大滝がステージへ呼び込むとユーモアを交え愛あるエールを送り、イベントを盛り上げた。

「皆さんこんにちは、大滝ひかるの相方をやっています、はやぶさのヤマトと申します。どんだけ汗かいてるの…。汗が大滝でございます(笑)。できることは少ないんですけれど、相方の晴れ舞台ですから、ここは駆けつけたいなと…渋々出てまいりました(笑)」(ヤマト)

「今日もこうしてヤマトが一緒に来てくれて、本当に心強いです。そしてうれしいです。いつもありがとう! 新たな一歩、はやぶさの11年目の新しいスタート。これからも力を合わせて頑張っていこうね」(大滝)。いじられながらも感謝の思いを伝えた大滝。二人のコンビ愛をうかがわせた。

また、このたび二人ははやぶさとしても日本クラウンに移籍。大滝は、はやぶさとしての新曲も現在準備中で、来年の年明けごろにリリースになる予定であること、ゆくゆくはヤマトもソロデビューすることも明かし、「そのときはヤマトの応援団長になって、ペンライトを10本くらい持って応援したいと思っております!」。それを聞いたヤマトは、「ちょっと、じゃないな。だいぶやめてください(笑)」と、またしても鋭い愛あるツッコミで会場を笑いの渦に巻き込んだ。

そして、ステージの最後に、二人にとって原点の地である浅草を舞台にしたオリジナル曲「あっぱれ浅草」を歌い、にぎやかにイベントを終えた。

「浅草を舞台にしたオリジナル曲を作っていただきました。まだ発売の予定はありませんが、とにかく盛り上がる、浅草の良いところがギュッと歌詞になっている作品を今日の最後にお送りしたいと思います!」

「皆さんのお手拍子をいただいて元気に、これからたくさん幸せが訪れるようにと思いを込めて歌わせていただきます!」。ファンと一体になり、二人は幸せあふれる笑顔でイベントを締めくくった。

なお、大滝は、9月9日(金)に東京・江東区のカメイドクロック1F カメクロコート、10日(土)に埼玉・まるひろ百貨店入間店7Fさくら草ホール、11日(日)は浅草・音のヨーロー堂、24日(土) の東京・北区のMSダン、25日(日)に埼玉・イオンタウン上里 1F ふれあいコーナーなどで新曲発売ミニライブやキャンペーンを行う。続々とイベントが決定しているので、詳しくは大滝ひかるオフィシャルサイトへ。

また、「あの日の花吹雪」の発売を記念して、9月6日(火)から18日(日)まで、東京・池袋のCDショップ五番街にてパネル展&パネル抽選プレゼントを実施中。詳しくは、こちらからチェック!

▶︎【Colorful Interview】大滝ひかる「これまでいただいたご恩や愛情を歌で返していきたい」

 

NEW RELEASE!!

2022年9月7日発売
大滝ひかる「あの日の花吹雪」

「あの日の花吹雪
作詞:かず翼 作曲:宮下健治 編曲:石倉重信
c/w「 守られし里 ~縄文さむかわ~」
作詞:島村繁 作曲:テミヤン. 編曲:友常正己
日本クラウン CRCN-8507 1,350円(税込)

 

CHECK!!

大滝ひかるオフィシャルサイト
はやぶさオフィシャルサイト
はやぶさオフィシャルブログ
大滝ひかる公式Twitter
大滝ひかるInstagram
はやぶさヤマト 公式Twitter
はやぶさヤマト Instagram

 


▶︎『昭和歌謡サバイバル☆激突! 演歌男子。』公開収録で松原健之、純烈、はやぶさら全8組がリング上で対決!10月16日にオンエア決定!!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。