• HOME
  • ニュース
  • 島津亜矢のデビュー曲をはじめ初期作品のサブスクが解禁! 500曲を超える作品が勢ぞろい

島津亜矢のデビュー曲をはじめ初期作品のサブスクが解禁! 500曲を超える作品が勢ぞろい

島津亜矢が、1986年のデビュー以来リリースしてきた作品が、9月8日にデジタル解禁された。これにより、人気シリーズのカバーアルバム『SINGER』など、すでに配信されている一部楽曲を含めて500曲を超える作品がストリーミング・ダウンロードサービスに勢ぞろいとなる。

天性ともいえる艶と張りのある声に、抜群の歌唱力故・藤山一郎氏を「日本の演歌の財産だ」とうならせた島津は、業界の注目を浴び1986年に弱冠15歳でデビューした。現在では、演歌はもとより、ポップスや洋楽、往年のヒット曲のカバーなど幅広いジャンルを歌いこなし、その圧倒的な歌唱力から、“歌怪獣“とも称されるようにもなった。

今回のデジタル解放では、デビュー曲「袴をはいた渡り鳥」や、2015年『第66回 NHK紅白歌合戦』でも歌唱し、お茶の間に衝撃を与え“歌怪獣”と称されるきっかけともなった「帰らんちゃよか」をはじめ、島津亜矢の真骨頂ともいえる演歌作品を堪能することができる。

◾️島津亜矢コメント

「1986年5月21日にデビューさせていただいて36年。たくさんの想い出が詰まった作品は、どれもが私にとってわが子のように愛しい存在です。サブスクやダウンロード配信の解禁をきっかけに、時代の垣根や世代を超えて、より多くの皆様にお聴きいただけたらうれしいです。私も楽しみます!」

 

INFORMATION

各サブスクリプション(ストリーミング)、各ダウンロード主要配信サービスにて配信開始!

<新規配信>
・シングル収録曲より102曲(「袴をはいた渡り鳥」、「愛染かつらをもう一度」、「感謝状~母へのメッセージ~」、「帰らんちゃよか」他)
・アルバムより290曲
『BS日本のうた』シリーズ(8作品・計128曲)
『島津亜矢の男歌・女歌』シリーズ(2作品・計64曲)
『名作歌謡劇場』・『股旅名曲集』(計60曲)
『鏡花水月』他 オリジナルアルバム(計38曲)

配信リンク:https://lnk.to/shimazuaya



NEW RELEASE!!

2022年3月16日発売
島津亜矢「花として 人として」

「花として 人として
作詞:たかたかし 作曲:杉本眞人 編曲:川村栄二
c/w「 錦秋譜(きんしゅうふ)」
作詞:森坂とも 作曲:杉本眞人 編曲:川村栄二
テイチクエンタテインメント TECA-22018 1,350円(税込)

 

CHECK!!

島津亜矢オフィシャルサイト
島津亜矢オフィシャルブログ
島津亜矢Instagram

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。