• HOME
  • インタビュー
  • 【Colorful Interview】大滝ひかる「これまでいただいたご恩や愛情を歌で返していきたい」

【Colorful Interview】大滝ひかる「これまでいただいたご恩や愛情を歌で返していきたい」

昨年デビュー10周年を迎えた歌謡グループ・はやぶさとして活躍しているヒカルが、このたび大滝ひかるとして9月7日に満を持してついにソロデビューを果たす。のびやかな高音を武器に、これまで演歌・歌謡曲のみならずポップスや歌謡浪曲など、ジャンルを問わず歌いこなしてきた実力派シンガーが、人知れず努力を重ねて手にした新たなチャンス。ソロデビュー曲「あの日の花吹雪」「守られし里 ~縄文さむかわ~」は、どちらも不思議な縁で大滝のもとへ来たスペシャルプレゼントとなった。その経緯、そして喜びの声を思う存分に語ってもらった。

 

夢にも思わなかったソロデビュー。「もう一度、夢を叶えていただいた」

 

はじめまして、大滝ひかるです。早く噛まずに言えるようにならないと、と思い練習していますがまだまだ慣れません(笑)。はやぶさのヒカルとして、これまで10年間活動してまいりましたが、このたび9月7日に「あの日の花吹雪」という作品で、大滝ひかるとしてソロデビューをさせていただくことになりました。”11年目の新人”ということで、気持ちは初めの一歩です。そう思えば、これからどんなに大変なことが起きたとしても、頑張れる気がしています。

「もう一度、夢を叶えていただいた」

これが、いまの私の率直な思いです。”歌手になる”ということが、私にとって幼いころからものすごく大きな夢でした。とにかく演歌が好きでずっと歌ってきて、2012年にはやぶさとしてデビューできたことは、まさに夢が叶った瞬間でした。そしてこの年月の中でいろいろな経験をして、はやぶさとしてこれ以上になっていけるだろうかと不安もあったり、正直にお話しすると希望を失いかけたときもありました。けれども、続けてくることができたのは相方のヤマトや事務所や関係者のスタッフさん、そしてやっぱりファンの皆さんのたくさんの支えや励ましの声があったからです。

昨年、はやぶさは10周年を迎えてコンサートもさせていただきました。節目を経て、スタッフの皆さんが新たなはやぶさの未来を考えてくださって「もっと可能性を広げてやっていこう」と言ってくれました。まさか、ソロで改めてデビューさせていただけるなんて、これっぽっちも思ってもみなかったことです。はやぶさとしての10年間を見てきてくれたうえでそう言っていただけたことが、なによりもうれしかったです。

”ダイナミックボイス” 皆様、いかがでしょうか⁈

 

ソロデビューするにあたり、”大滝ひかる”という名前も、事務所の皆さんに考えてつけていただきました。私からはひとつだけ、「もちろんはやぶさのヒカルの名前も大事にしているけれど、ソロデビューという新たな出発なので、演歌歌手の名前らしく名字をつけていただけたらうれしいです」とお伝えしました。私の事務所の先輩方、田川寿美先輩、水森かおり先輩、氷川きよし先輩と皆さん「水」と「川」にまつわる名字がついていらっしゃるんですね。そこで、「”大滝”はどう?」と提案していただいたとき、すぐ気に入ってしまいました。そして、”ひかる”はひらがなに。気持ちの上でもはやぶさは”ヒカル”、ソロは”大滝ひかる”と切替えることができます。とても素晴らしい名前をいただきました。

”大滝”という名字は、大物感があると言われます(笑)。まだまだ学ばなくてはいけないことはたくさんありますから、名前に恥じないように歌の道に精進していきたいと思いますし、体もそんなに大きいほうではないのですが(笑)、この体から放つ歌声は…”ダイナミックボイス”。皆さん、いかがでしょうか⁈

【PROFILE】大滝ひかる(おおたきひかる) 4月10日、神奈川県出身。幼少のころより演歌に親しみ、美空ひばりや三波春夫に憧れ歌手を目指す。2007年、『日本クラウン創立45周年新人オーディション』決勝大会で準グランプリを受賞。2012年、「ヨコハマ横恋慕」で歌謡グループ・はやぶさのメンバーとして歌手デビュー。演歌・歌謡曲をはじめアニソン、J-POPなども歌いこなす本格的な歌唱力で幅広い世代から支持を得る。民謡や浪曲、日舞なども得意とし、傘回しのレッスンもスタート。最近ハマっていることは筋トレ。ジムに通いパーソナルトレーナーのもと日々体を鍛えている。

 

泣けて仕方がなかったデビュー曲「あの日の花吹雪」

 

今年の2月にソロデビューのお話があり、すぐに「あの日の花吹雪」と「守られし里 ~縄文さむかわ~」の2曲をいただきました。どちらも、たまたま数年前から事務所で温められていた作品です。スタッフの皆さんの中で、私には演歌で台詞入りの作品がいいのではないかという案が出たらしく、”そういえばいい曲があった”といただいたのが「あの日の花吹雪」。離れ離れになった母と子の物語なのですが、初めて聴いたとき、泣けて泣けて仕方がありませんでした。私が生きてきた人生とこの主人公の人生と重なる面もあり、それと同時にソロのオリジナルの作品をいただけたということにも感激してしまい、ぜひこれを歌わせてくださいとお願いしました。演歌には、非現実的なものだったり現代にはあまりそぐわない内容のものもある中で、いまはこういう経験をされている方も多いでしょうし、もともと実話をもとに作られた曲でもありますので、きっと多くの方にリアルに感じていただける作品なのではないかなと思います。

作曲の宮下健治先生の作品を歌わせていただくのは今回が初めて。とても新鮮でしたが、宮下先生独特のメロディーはとても難しかったです。先生のもとへレコーディングまでレッスンに通わせていただき、いままでやってきたことを一から叩き直されました。言葉を伝える、ということを頭ではわかっていても、実際それがちゃんとできていない部分もいっぱいあって、「この楽曲はその歌い方では伝わらない、訴えられない」と特訓していただきました。

「節をうまく聴かせようとかうまく歌おうと思ってはいけない。優しさ・思いやり・温かさの心を、演歌では絶対忘れてはいけない。演歌を聴いてくださる方というのは人生経験が豊富でいろいろなことを乗り越えてきた方が多い。上辺だけの歌は絶対に通じません」

これは宮下先生から教わったことです。この言葉はとても響きました。先生のところにうかがわなかったら、いまもまだそのことをわからないままだったかもしれません。

神奈川が舞台の歌を歌って、何かお役に立てたら

 

「守られし里 ~縄文さむかわ~」は、カップリング曲をどうしようという話になったときに「そういえば神奈川県の寒川を舞台にした歌があるんだけど、どう?」と、またしても運命のように私の元にやってきました。
たまたま一年前に、寒川神社に参拝に行ったのですが、そのときに神社にある大きな木に蛇がいるのを見たんです。「ここで蛇を見るということはとても珍しく、すごく縁起の良いことでラッキーですよ」と言われたのですが、すっかり忘れちゃっていて、寒川と聞いたときにそのことを思い出しました。その後、この曲を作詞した寒川町の観光協会の会長さんにこの話が届き、「それはとてもいいことです。何かのご縁だと思いますよ」と言っていただき歌わせていただくことになりました。

寒川は、壮大な大山なども見えるとても景色がいいところです。昔の縄文時代の寒川から見えたであろう景色がそのまま歌になっています。「湘南サウンド」を確立されたフォークシンガーのテミヤン.さんが作曲された曲ですが、どこか日本ぽくない、民族的な曲にも聞こえて、演歌とは違う魅力を感じました。コーラスもテミヤン.さんに歌っていただき、とても楽しくのびのびとレコーディングすることができました。

はやぶさでは横浜の歌を歌わせていただいていますが、改めて私は神奈川県出身ということで、この曲をご縁に神奈川県のために何かお役に立てたらと思っています。

 

継続は力なり。あきらめないで、本当によかった

 

ここまで来る間、とても大事に事務所やレコード会社のスタッフさんに育てていただき、先輩にもすごくかわいがっていただいてきました。そしてこのたび、新たなチャンスをたくさんの皆さんが与えてくださいました。もうダメかなと思った時期もありましたが、”継続は力なり”。あきらめないで、本当によかった。これまで自分がいただいたご恩や愛情を、これからは皆さんに歌に込めてお返ししていきたいです。

私は演歌を心の底から愛しています。これから、はやぶさとしてだけではなく大滝ひかるとしてソロの活動もやらせていただけることで、いままで培ってきたことをもっともっと生かしていけると思っています。やりたかったことや温めてきたものを前面に出して、私の歌を聴いて少しでも心が休まったり和んだり、そう思っていただける歌を歌っていきたいと思います。
まだまだ大変な状況下ですが、皆さんのもとへどこでも歌いに行こうと思っていますのでどうぞよろしくお願いします!

 

 

NEW RELEASE!!

2022年9月7日発売
大滝ひかる「あの日の花吹雪」

「あの日の花吹雪
作詞:かず翼 作曲:宮下健治 編曲:石倉重信
c/w「 守られし里 ~縄文さむかわ~」
作詞:島村繁 作曲:テミヤン. 編曲:友常正己
日本クラウン CRCN-8507 1,350円(税込)

 

CHECK!!

大滝ひかるオフィシャルサイト
はやぶさオフィシャルブログ
大滝ひかる公式Twitter
大滝ひかるInstagram

INFORMATION

大滝ひかる ~浅草・花やしき~原点回帰のリリースイベント開催決定!

日時:2022年9月8日(木)
会場:東京・浅草『花やしき』フラワーステージ
時間:ミニライブ 15:00~ / CD特典会(サイン会&2ショット撮影会) 16:00~
※観覧自由。観覧には、別途入園料がかかります。
※駐車場をご用意しておりません。近隣の駐車場をご利用ください。
入園料・アクセスの詳細はこちらから


▶︎『昭和歌謡サバイバル☆激突! 演歌男子。』公開収録で松原健之、純烈、はやぶさら全8組がリング上で対決!10月16日にオンエア決定!!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。