• HOME
  • ニュース
  • 真木ことみが『デビュー30周年記念ディナーショー』で愛と感謝に満ちた歌声を披露。「幸せをかみ締め、心を込めて歌います」

真木ことみが『デビュー30周年記念ディナーショー』で愛と感謝に満ちた歌声を披露。「幸せをかみ締め、心を込めて歌います」

「さまざまなことがありましたけれど、いつもたくさんのファンの方に支えていただきました。本日、こうしてディナーショーを開かせていただけることは、本当に幸せなことです。30周年というのは私にとって大きな節目。その節目を迎えられたことに感謝しています。温かい雰囲気の中で、楽しい気持ちでディナーショーをしたいという思いが私の中に最初にあって、そこから話を進めてきました。今日はお越しいただいた皆様に十分に楽しんでいただけるよう、感謝の気持ちを込めて歌わせていただきたいと思います」

真木ことみが、8月11日、東京・ホテルメトロポリタン池袋で『デビュー30周年記念ディナーショー』を開催した。8月3日には、デビュー30周年記念シングル「くれないの糸」と「30周年記念アルバム~くれないの糸・いのち川~」を同時にリリースしたばかり。会場には、デビュー当時から真木の“応援団長”として親しい元プロ野球巨人軍選手の中畑清も駆けつけ、輝かしい節目を迎えた真木を祝福した。

開演前に記者会見に臨んだ真木ことみと、応援団長の中畑清。

 

歌手はメッセンジャー。皆さんに力強い歌を届けてほしい

 

広い会場いっぱい、300名ものファンが真木の登場を心待ちにしていた。そこへ白地に青いバラが描かれた上品な着物に身を包んだ真木が現れ、歌手・真木ことみにとっての“旅立ちの歌”、1993年のデビュー曲「橋」でディナーショーは幕を開けた。

次にそのカップリング曲「命かざって」、そして真木が大好きな先輩女性歌手の曲から美空ひばり「柔」、石川さゆり「津軽海峡・冬景色」など5曲をメドレーで歌い終えると、大きな花束を手にした中畑がステージへ。サプライズゲストの登場に、会場は大きな拍手に包まれた。

「歌手というのは“メッセンジャー”だからね。困難に立ち向かって、元気や感動を与えるという役割を担っていると思うんですよ。こういう時期だからこそ、積極的にディナーショーを決行する勇気、ファンと交流を持つことには、すごく意義があると思うんだよね。今日は皆さんに力強い歌を届けてもらいたいなと思います。もう30年経ったんだなと、感慨深いものがあります。本当に30周年おめでとう!」(中畑清)

開演前の記者会見でそう真木へ祝いのメッセージを語っていた中畑。あらためて30周年のお祝いを述べると、デュエット曲「ときめいて乾杯」をふたりで披露し会場をおおいに盛り上げた。
この曲は杉本眞人氏が作曲した作品で、1995年にリリースされた真木のアルバム『演歌三昧』に収録されている。久しぶりとは思えない息の合ったデュエットで、二人は仲の良さをうかがわせた。

「中畑さんはひまわりや太陽のように、一瞬でその場を明るくする不思議なおじさん(笑)。出会ったころから変わりなく、優しくて頼りになるお兄さんのような存在です」(真木)。見事なハーモニーでデュエットを披露した後、真木手作りのハートのストラップと中畑氏のサインボールをセットで、30周年にちなみ30名のファンにプレゼントされた。

「次はソロで1曲歌いたいなと思う。ことみのために…年の離れた妹みたいだからさ」(中畑)

照れ臭そうに話すと、真木を愛おしそうに見つめながら歌詞の“君”をすべて“ことみ”に替えて加山雄三の「ぼくの妹に」を真木へ贈った。

さらに、この日は中畑の他にも、真木と古くから親交のある歌手仲間の斉藤絹枝、松井夢二、志村晴美、早川しづ子がゲストとしてステージに花を添え、歌で真木の30周年を祝福した。

斉藤絹枝

松井夢二

志村晴美

早川しづ子

 

大ヒット曲を出したい、そしてその先豊かな老後を迎えたい(笑)

 

ショーの後半は、2000年に日本クラウンに移籍して第一弾シングルの「まこと酒」、そして“川シリーズ”の「いのち川」、「旅路川」、「きずな川」をメドレーで聴かせスタートした。続く「おんなの時雨」は、真木が『NHK のど自慢』に初めてゲスト出演したとき歌った思い出深い一曲。のど自慢の前日に行なわれた予選会に、名前をふせてこっそり出場して、「もしかして、ことみちゃんじゃない?」と会場をザワつかせたという楽しい思い出のエピソードも披露した。

宴もたけなわとなり、新曲「くれないの糸」のジャケット写真と同じ赤い着物に召し替えた真木は、30周年の前章作品としてリリースされた「天の糸」をしっとりと聴かせた。

「私の歌手人生は、すごく恵まれていると思います。好きな歌をうたって、“歌うまいね”とか“かわいいね”とか“きれいだね”って言っていただければ幸せです(笑)。これからの目標としては、大ヒット曲を出したいと思います。そしてその先、豊かな老後を迎えたいです(笑)。気持ちも明るくなってきたので、皆さんと盛り上がれる歌を歌いたいと思います」

お茶目にファンに語りかけ、チャーミングな笑顔を見せた真木は、元気に「浪花節だよ人生は」を歌唱。その後は、真木自身が“歌いたい歌”をテーマに、憧れている先輩歌手のちあきなおみ「冬隣」、髙橋真梨子の「for you…」をしっとりと歌い上げ、女性の切ない心情を見事に表現した。

そして、真木のデビュー30周年を記念した作品「くれないの糸」、そしてカップリング曲の「カナリア」をファンへ。運命の赤い糸をモチーフに描かれた一途な愛の物語で、発売から1週間が経ち「ことみちゃんの演歌を待っていたよ」とファンからの評判も上々だという。

「『くれないの糸』は、好きになってはいけない人を好きになってしまった女性の、胸が締めつけられるようなやりきれない思いを抱きながらも、彼を諦めきれないという切ない女ごころを歌っています。前作『天の糸』と同じ朝比奈京仔先生(作詞)と弦哲也先生(作曲)に作っていただきました。そしてもう一曲『カナリア』は、ワルツのリズムに乗せたシャンソンの雰囲気を感じさせるような歌です。内容的には『くれないの糸』と主人公の設定が重なったなと思いながらいつも歌わせていただいています」

「本日は、この会場にお集まりの皆様に支えられて、素晴らしい一日となりました。心より感謝を申し上げます。最後に何を歌わせていただこうかなと考えましたが、私から皆様に伝えきれない愛を歌に込めて…」

愛と感謝に満ちた歌声で越路吹雪の「愛の讃歌」を熱唱し、ディナーショーを締めくくった。
30年を経てより深みを増した歌唱と幅の広い選曲、親しみやすくユーモアのあるトークで記念すべき最高のステージを完遂した真木。来場者一人ひとりの胸に真木の温かな真心が届いたことだろう。

 

◾️セットリスト
M1 橋
M2 命かざって
M3 柔~津軽海峡・冬景色~涙の連絡線~おんなの出船~女の港
M4 ときめいて乾杯 (特別ゲスト・中畑清とデュエット)
M5 ぼくの妹に (特別ゲスト・中畑清)
M6 雪しぐれ (ゲスト・斉藤絹枝)
M7 祭り恋歌 (ゲスト・斉藤絹枝)
M8 ふるさと (ゲスト・松井夢二)
M9 昭和ひとけた人生航路 (ゲスト・松井夢二)
M10 まこと酒
M11 いのち川~旅路川~きずな川
M12 おんなの時雨
M13 下田情話 (ゲスト・志村晴美)
M14 火の国の女 (ゲスト・志村晴美)
M15 めおと星 (ゲスト・早川しづ子)
M16 鳴り砂列車 (ゲスト・早川しづ子)
M17 天の糸
M18 浪花節だよ人生は
M19 冬隣
M20 for you…
M21 カナリア
M22 くれないの糸
M23 愛の讃歌

(取材・文/夏見幸恵)

 

NEW RELEASE!!

2022年8月3日発売
真木ことみ「くれないの糸」

「くれないの糸」
作詞:朝比奈京仔 作曲:弦哲也 編曲:南郷達也
c/w「カナリア」
作詞:厚田めろん 作曲:弦哲也 編曲:南郷達也
日本クラウン CRCN-8500 1,350円(税込)

 

2022年8月3日発売
真木ことみ
『デビュー30周年記念アルバム~くれないの糸・いのち川~』

CD2枚組 全30曲収録予定(曲順未定)
日本クラウン RCN-41409 5,000円(税込)

 

CHECK!!

真木ことみオフィシャルサイト
真木ことみオフィシャルブログ
真木ことみ公式Twitter


▶︎【Colorful Interview】 真木ことみが歌う深い愛の物語 〜あなたと結ばれているはずの「くれないの糸」〜

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。