• HOME
  • インタビュー
  • 【Colorful Interview】佐千子節全開! 椎名佐千子が新曲「面影みなと」で新たなスタート

【Colorful Interview】佐千子節全開! 椎名佐千子が新曲「面影みなと」で新たなスタート

歌手・椎名佐千子にとって、昨年は挑戦に次ぐ挑戦の激動の一年だった。しかし、持ち前の根性と集中力、そして並々ならぬ努力で見事にクリア。20周年の集大成となる記念コンサートのステージで大輪の花を咲かせ、輝きに満ちたその笑顔は、観る者や聴く者を幸せにした。

21年目のリスタートを切る椎名の新曲「面影みなと」が、4月6日にリリースとなる。ロングヒット中の前作「潮騒みなと」に輪をかけた椎名の勢いある弾む歌唱が印象的で、軽快なリズムが心地よい力作だ。新たな一歩を踏み出す彼女に新曲について、いまの心境について聞いた。

 

レコーディングではみんなが「サチコ、勢いよくいけーっ!」。思いきり歌えて気持ちよかった〜(笑)

 

新曲「面影みなと」のリリースおめでとうございます! 前作のタイトルは「潮騒みなと」でしたね。

椎名 ありがとうございます! そうなんです。前作の「潮騒みなと」に続く、”みなと”シリーズ第2弾になります! お互いに未練を抱えながらも離れていってしまった男性を「忘れない、待っている」と心に決めて生きる女性が主人公です。前作では皆さんからとてもいい評判をいただきました。今回も自分らしさや自分にしか表現できないオリジナリティーある作品を、スタッフの皆さんと作り上げようと思って臨みました。椎名佐千子らしさを出せる曲ですので佐千子節全開で歌唱しています。皆さんにもぜひ聴いて歌っていただきたいですね!

続編と聞いてとてもワクワクしています! 椎名さんはこの曲を初めて聴かれたときはどう感じられましたか?

椎名 作曲してくださった岡千秋先生がピアノの弾き語りで歌われたデモ音源を最初に聴きました。モヤモヤすることが多いこの時期にピッタリで、「よっしゃ~! 一丁やるか」と燃えましたね(笑)。ある意味、20年目の初心というか、デビュー曲の「御意見無用の人生だ」に通じる真っ直ぐさ、無心さで、今作はさらに前向きに歌いたいと思いました。

歌詞についてはいかがでしたか?

椎名 歌詞の中にある「あの人も泣いていた」のフレーズは、「待っていてくれ」と言ってしまったら女性を苦しめるかもしれない。だからその一言が言えない……と、涙を飲んで横を向いたけれど気づかれてしまった。そんないま時の男性像がとても新鮮~!と思いました。

前作を踏まえて、「今回はこの部分をこう心がけて歌った」などくに歌唱で意識したり工夫したり挑戦したなどのポイントがありましたら教えてください。

椎名 より強い祈りや願いを込めて、前作以上に勢いをつけてダイナミックに歌っています。あとは、母音の部分をしっかり意識しましたね。

母音ですか?

椎名 岡先生からレコーディングのときに、「歌が流れてしまうところがあるので、母音をしっかり歌うように」とアドバイスをいただきました。たとえば、サビ前の「あのおひともーお、ないいていた しああわせ」といった、母音の二度押しの部分を気をつけて歌うように気をつけています。

そのほかに、私たちもカラオケなどで歌う際に気をつけたほうがいいポイントはありますか?

椎名 あまり細かいことはないですけれど、全体的にはリズムにしっかり乗ること。歯切れがいいメロディーなので、あとは気持ちよ~く歌っていただければ! 私もレコーディングで先生方やディレクターさんが、「サチコ、勢いよくいけーっ!」という感じで、気持ちを上げてくださって、思いっきり歌えて気持ちよかった~~(笑)!

カップリング曲の「雪のメロディ」についても聞かせてください。

椎名 こちらは、男性への思いを断ち切るために都会のターミナル駅から北を目指して旅に出る女性の心情を綴った作品です。

椎名さんにとって初めての作風という6/8拍子。イントロから哀愁の漂う作品ですね。この曲をいただいた時はいかがでしたか?

椎名 これまでにないタイプの作品だったのでとてもうれしかったですね。しっとりと、ギターの弾き語りでも歌ってみたい!とすぐに思いました。現在、ギターを猛特訓中です‼︎

 

【PROFILE】椎名佐千子(しいなさちこ) 1982年11月3日、千葉県出身。小学生の頃より地元・千葉のカラオケ大会などに出場し数々の大会で優勝。中学2年生のときに出場した「全国歌の甲子園決勝大会」でも優勝を果たし、作曲家・鈴木淳氏に見初められ師事。千葉から東京へレッスンに通う日々を経て、2002年「御意見無用の人生だ」でデビューを果たす。2013年には千葉県旭市の観光大使第1号に任命された。2021年、デビュー20周年を迎え、11月4日になかのゼロ大ホールで「椎名佐千子20周年コンサート 20年目の一歩~感謝をこめて~」を開催。最近ハマっていることは、ジェルライト。「バスタイムに電気を暗くしてアロマの香りのするジェルライトで心癒やされています♪オススメです!」(椎名)。ブログでは毎日掲載している「佐千子の花便り」がファンに大好評。「ファンの皆さんと心のふれあいができる、私にとって大切な場所。なかなかお会いできないいま、それをより強く感じますね。楽しいことや癒やしなどを皆さんと共有できたらうれしいです!」(椎名)

 

昨年は大切な人たちへの感謝の思いがあふれる一年でした

 

昨年はデビュー20周年を迎えられ、コロナ禍の中ではありましたが精力的に活動されていらっしゃいました。昨年を振り返られてみていまの思いを聞かせてください。

椎名 そうですね。デビューして20年間の中でも、私にとっていろいろな意味で濃い一年でした。ステージが延期や中止となってしまうこともあり落ち込んだ日もありましたが、そんな中でもさまざまな気づきもありました。これまで当たり前のように過ごしていた日常は、決して当たり前ではない、ということ。歌える場所があり、いつも応援してくださる方々、支えてくださる皆さんがいてくれて私でいられること……。私にとって大切な時間だったと感じています。大切な人たちへの感謝の思いがあふれる一年でした。

前作の「潮騒みなと」~感謝盤~カップリング曲「おなじ空の下」では作詞にも初挑戦! さらに20周年記念コンサートでは太鼓・ギター・ダンスなどにも挑戦されましたがいかがでしたか?

椎名 コンサートではそれ以外にも、さまざまな女性像を演じて歌うカバー曲など初挑戦のことがたくさんありましたので、とにかくがむしゃらで終始全力ダッシュしていた感じです(笑)。でも楽しかったですし、何よりお客さまの前で歌えたことが本当に幸せでした。コンサートまでの道のりは不安も大きかったけれど、当日お客さまからあたたかい拍手をいただけた時は感激で何度も胸が熱くなりました。3月9日に発売になったDVDも、ぜひひとりでも多くの方にご覧いただきたいなと思います!

 

20周年を経て、新たな一歩ですね! これからの活動について目標や抱負などがあればぜひ教えてください。

椎名 お客さまに目でも楽しんでいただけるようなパフォーマンスを追求したいので、猛特訓中のギターをはじめ、楽器やパフォーマンスの幅をさらに広げていきたいですね。新たにドラムも習いたいなぁと思っています。舞踊もさらに頑張って、一曲踊れるようになりた~い! 応援してくださる皆さんのエールを胸に、今できることを精いっぱい頑張ります。いつも本当にありがとうございます!

 

 

NEW RELEASE!!

2022年4月6日発売
椎名佐千子「面影みなと」

「面影みなと

作詞:日野浦かなで 作曲:岡千秋 編曲:伊戸のりお
c/w「雪のメロディ」
作詞:日野浦かなで 作曲:岡千秋 編曲:伊戸のりお
キングレコード KICM-31051 1,400円(税込)

 

CHECK!!

椎名佐千子「面影みなと」発売記念パネル展開催 & 直筆サイン・名前入りプレミアムパネルプレゼント!

【期間】2022年4月5日(火)~2022年4月17日(日)
【場所】CDショップ五番街(東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店7階8番地)
【営業時間】10:30 ~ 19:00
【店舗ホームページ】 https://gobangai.jp/
【通販】 https://e-shop.gobangai.jp/
【お問い合わせ】0120-221-911(CDショップ五番街)
【プレゼント抽選方法】
CD ショップ五番街にて対象商品を購入すると、商品1枚につき『パネルプレゼント番号付抽選応募用紙』を1枚配布。応募された中から抽選で展示パネルをプレゼント!!
【応募券配布期間】
2022年4月5日(火)~2022年4月17日(日)(展示期間と同じ)
【当選発表】
2022年4月22日(金)以降に店頭及び店舗ホームページ・Twitterにて行われます。引き換えの際に『パネルプレゼント番号付抽選応募用紙』の控え券が必要となりますので、なくさないように大切に保管してください。

椎名佐千子オフィシャルサイト
椎名佐千子オフィシャルブログ
椎名佐千子公式Twitter
椎名佐千子Instagram 
椎名佐千子公式YouTubeチャンネル

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。