• HOME
  • ニュース
  • 福田こうへいが青森県大間町観光大使に!「歌を通して大間町をPRしていきたい」

福田こうへいが青森県大間町観光大使に!「歌を通して大間町をPRしていきたい」

福田こうへいが青森県下北郡大間町の観光大使に任命され、5月17日、都内にて観光大使委嘱状交付式が実施された。

福田と大間町との交流が始まったのは3年前の2019年。大間のマグロ漁師を追った番組の大ファンだった福田が、青森県むつ市の下北文化会館で開催された自身のコンサートにテレビで観たマグロ漁師さんが来てくださっているのを見つけたことから始まる。その後は公私ともに幾度となく大間町を訪れ、昨夏には大間町でフリーライブも開催し、今年1月1日には大間の現役マグロ漁師・熊谷義宣氏が作詞した楽曲「一番マグロの謳」をリリースするなど、より縁を深めてきた。

交付式では大間町の野﨑尚文町長より委嘱状が手渡された。

「地元のマグロ漁師から“福田こうへいさんがいいのではないか”と声が上がり、それを受けて観光大使に任命させていただきました」と、今回福田を観光大使に選んだ理由を明らかにし、「今後は町のイベントなどにも来ていただき、ぜひ歌で大間を盛り上げてください」と福田に期待を寄せた。

地元からの熱い声を受けて観光大使に就任した福田は、「大間は男気のある漁師町。陸にあがると家族を大事にし、観光客にも温かい」と町の魅力を語り、好きなマグロの部位について問われると「心臓は釣った人にしか食べられない。何回か通ってマグロ漁師さんと仲良くなれば食べさせてもらえるかも。だから何回も大間に来てください!」とさっそく大間町をアピール。

「これからも、歌を通して大間に来てくださる皆様に町のPRをしていきたい。そして大間町の皆さんを元気にしたい」と笑顔で意気込みを語った。

 

NEW RELEASE!!

2022年1月1日発売
福田こうへい「ふるさと山河/一番マグロの謳」

「ふるさと山河」
作詞:万城たかし 作曲:岡千秋 編曲:伊戸のりお
「一番マグロの謳」
作詞:熊谷義宣 作曲:四方章人 編曲:南郷達也
キングレコード KICM-31045 1,400円(税込)

2022年5月11日発売
福田こうへい『ふるさと便り』

【収録曲】
M1 舟漕ぎ流し唄(北海道民謡)
M2 気仙坂(岩手県民謡)
M3 沢内甚句(岩手県民謡)
M4 南部餅つき唄(青森県民謡)
M5 南部大黒舞(南部地方民謡)
M6 秋田港の唄(秋田県民謡)
M7 長者の山(秋田県民謡)
M8 萩刈唄(岩手県民謡)
M9 南部トンコ節(青森県民謡)
M10 いやさか節(北海道民謡)
M11 鱈釣り節(北海道民謡)
M12 一寸きま(岩手県民謡)
M13 黒石じょんから節(青森県民謡)
M14 田植踊り唄(岩手県民謡)
キングレコード KICH-333 2,800円(税込)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。