• HOME
  • ニュース
  • 望月琉叶が新曲「ピンクのダイヤモンド」発売記念イベントを開催。発売日にファンの前で熱唱

望月琉叶が新曲「ピンクのダイヤモンド」発売記念イベントを開催。発売日にファンの前で熱唱

望月琉叶が、2月23日、東京・目黒区の庄や目黒408店で新曲「ピンクのダイヤモンド」発売記念イベントを開いた。

演歌歌手、グラビア、アイドル(アイドルユニット「民族ハッピー組」のメンバー)と三足のわらじを履いて活躍する望月は、昨年の『第63回 日本レコード大賞』で新人賞を受賞。演歌歌手としてリリースした1作目の「失恋慕情」、2作目「面影・未練橋」と2作連続でオリコン週間演歌歌謡曲ランキング1位、有線週間演歌歌謡曲リクエストチャート1位を獲得し、幅広い層の人気を集めている。

この日は新曲発売日の当日。抽選に選ばれたファン約30人を招いて、新型コロナの感染防止対策を万全にして行われた。
「ピンクのダイヤモンド」は、ロック調のアレンジに乗った少し大人の妖艶な歌詞が目を引くポップス歌謡で、昭和の歌謡界を代表するヒットメイカーである作詞家・売野雅勇氏と作曲家・浜圭介氏に提供された作品。カップリングの「家族写真」も同じ作家陣による70年代から80年代のアイドル歌謡を彷彿させるやさしく切ないメロディーが印象的な一曲だ。望月が新曲2曲を披露した直後、作曲を手がけた浜圭介氏がピンクのバラの花束を持ってステージへサプライズで登場した。

「去年の1月にある番組で初めてお会いしたのですが、そのときに新しい風を吹かせてくれるのではないかという感性をすごく感じたので、今回新曲を書かせていただきました。僕としても最近にない(曲調の)作品なので、ファンの皆さん、末永くよろしくお願いいたします」(浜氏)

浜氏の激励の言葉に望月は「ありがとうございます。うれしいです!」と大感激で目を輝かせた。

「まさか発売日に直接こんなにたくさんの方に聴いていただけるとは思ってもいなかったので、ステージに上がった途端、アドレナリンが出て最初から最後まで楽しんで歌わせていただきました。こうしてサードシングルが出せたのは、ずっと応援してくださっているファンの皆様のおかげだと思っています。演歌歌手の望月琉叶がこれを歌うという新しい挑戦をするかたちになり、うれしい気持ちでいっぱいです。すごい新鮮な気持ちで望月琉叶の歌を楽しんでいただけるのでは……。この『ピンクのダイヤモンド』は、今の私でたとえると、ファンの方々の心を絶対に射止めようという気持ちで、この曲の主人公と同じような気持ちで歌っています」(望月)

望月は、憧れの島津亜矢がカバーしていた細川たかしの「望郷じょんから」を聴いて大好きになった。その「望郷じょんから」を作曲した浜氏に書き下ろしで提供を受けた今回の楽曲には、並々ならぬ思いがある。

「最初は、浜先生のギターでの歌をお聴きして、弾き語りで歌うような静かな大人っぽい曲だったので、私にちゃんと歌えるのかなと心配だったのですが、それが一転、ロック調に仕上がった曲を聴いてびっくりしました。でも、今は私にピッタリの曲だなととても気に入っています。先生方もやさしくサポートしてくださったので、素敵なレコーディングができ、完璧な作品が出来上がりました。今回も絶対、オリコンチャートで1位を獲り、紅白に出て、演歌で世界制覇できるように頑張りたい。世界制覇のためには、まずは今私を求めてくださっているインドネシアからじわじわと攻めていき、いずれは地球制覇も目指したい。今年の目標は、紅白にぜひ出てみたいです」(望月)

いつも温かく支え見守ってくれているファン、そして激励に駆けつけた浜氏の前で改めて決意を語り今後のさらなる活躍を誓った。

 

NEW RELEASE!!

2022年2月23日発売
望月琉叶「ピンクのダイヤモンド」

「ピンクのダイヤモンド
作詞:売野雅勇 作曲:浜圭介 編曲:坂本昌之
c/w「家族写真」
作詞:売野雅勇 作曲:浜圭介 編曲:坂本昌之
日本コロムビア COCA-17963 1,350円(税込)

CHECK!!

望月琉叶オフィシャルサイト
望月琉叶公式Twitter
望月琉叶Instagram

  ▶︎【Colorful Interview】望月琉叶「ピンクのダイヤモンド」〜一途でちょっぴり妖艶なイケイケガールに!〜

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。