• HOME
  • ニュース
  • 日本クラウンが2021年度(第58回)ヒット賞受賞作品を発表

日本クラウンが2021年度(第58回)ヒット賞受賞作品を発表

1963年の創業以来、音楽業界を牽引する日本クラウンが恒例となっている2021年度(第58回)ヒット賞の受賞作品を発表した。

例年はヒット賞各賞の受賞アーティストが集まっての授賞式が開催されているが、昨年度に続き今年度もコロナ禍を鑑みて授賞式の開催は見送られ、受賞者には記念の楯が贈られた。

毎年リリースしたシングル、アルバム、映像作品の中から業績に貢献した作品やアーティストにヒット賞を贈呈。今年で58回目を迎えた歴史ある賞で、シングルヒット賞や敢闘賞、新人賞など7部問において41作品、また、デビュー60周年を迎えた北島三郎、50周年を迎えたイルカ、伊勢正三、40周年を迎えた鳥羽一郎に特別功労賞が贈られた。
そして、長年の多大な功績を称え、昨年11月に亡くなった作詞家・喜多條忠氏が特別顕彰として表彰された。

主な受賞作品は、以下の通り。

【シングルヒット賞】
北島三郎「生かされて」「想い」
鳥羽一郎「男護り船」
三山ひろし「谺-こだま」「浮世傘」
純烈「君がそばにいるから」
ベリーグッドマン「それ以外の人生なんてありえないや」
BiS「TOUCH ME」、predia「硝子のアンブレラ」など11作品

北島三郎はシングルヒット賞、アルバムヒット賞、特別功労賞を、鳥羽一郎はシングルヒット賞と特別功労賞、三山ひろしはシングルヒット賞、アルバムヒット賞、映像ヒット賞、純烈はシングルヒット賞、映像ヒット賞をそれぞれ受賞した。

シングルヒット賞、アルバムヒット賞、映像ヒット賞を受賞したBiS

【アルバムヒット賞】
Tiara「All About Tiara」
工藤晴香「POWER CHORD」
ベリーグッドマン「TEPPAN」「必ず何かの天才」
半崎美子「うた弁 COVER」
predia「10ct」
BiS「KiLLiNG IDOLS」など10作品

【新人賞】
竹内唯人

竹内唯人

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。