• HOME
  • ニュース
  • 北野都が恩師の作曲家・佐伯一郎氏の墓前で新曲「アリラン慕情」発売を報告

北野都が恩師の作曲家・佐伯一郎氏の墓前で新曲「アリラン慕情」発売を報告

徳間ジャパンコミュニケーションズ移籍第1弾シングル「アリラン慕情」を1月26日に発売し好セールス中の北野都が、2月24日、静岡・浜松市の蓮華寺に眠る作曲家・佐伯一郎氏(享年83)の墓前に新曲発売報告を行った。

この作品は、2005年に発売しスマッシュヒットとなった「アリラン海峡」と同じ作曲者の佐伯氏が書き下ろした遺作で、故人は入院中のベッドの上で最後の力を振り絞って同曲を作曲。佐伯氏は、多くの人たちに惜しまれながら2020年12月20日、地元・浜松の入院先で他界した。

この日は佐伯さんの未亡人・安藤和枝氏も同席し、北野とともに手を合わせながら故人を偲んだ。

北野は「これからも主人は天国から北野さんのご活躍ぶりを見守っていると思いますので、この曲をぜひ大ヒットさせてください」と、安藤氏から期待の言葉をかけられた。

北野にとって、新曲「アリラン慕情」は「アリラン」シリーズの第2弾となり、前作の「アリラン海峡」は17年たったいまもカラオケでよく歌われている隠れた名曲。北野が佐伯氏の作品を歌うのは今回が4作目となる。

「海を隔てて、会いたくても会えない男女の悲恋を描いた歌詞と哀愁のあるメロディーはとてもドラマチックで、歌いがいのある作品です。前作『アリラン海峡』は難しい曲でしたが、カラオケ愛好者の方々にいまでもよく歌っていただいていますし、今度の『アリラン慕情』も難しいながらもすてきな作品なので、ぜひたくさんの方に聴いていただき、皆さんにカラオケで歌っていただければうれしいですね」(北野)

 

そして一昨年は作曲家・佐伯氏、昨年は作詞家・里村龍一氏と、北野は立て続けに恩師を亡くしている。

「年々寂しくなりますが、私にできることはそんなお世話になった先生方がおつくりになった作品を1曲でも多くヒットさせること。それが先生方への恩返しだと思っていますので、今年はこの『アリラン慕情』を大ヒットさせ、佐伯先生に恩返しがしたい」(北野)

恩師の前で決意を新たにした。

NEW RELEASE!!

2022年1月26日発売
北野都「アリラン慕情」

「アリラン慕情
作詞:河村淳子 作曲:佐伯一郎 編曲:猪俣義周
c/w「宗谷本線」
作詞:未来人 作曲:駒田良昭 編曲:猪俣義周
c/w「今も今も・・・そしてこれからも」
作詞:桜井幸介 作曲:小久保隼 編曲:猪俣義周
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91393 1,350円(税込)

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。