• HOME
  • インタビュー
  • 【Colorful Interview】美貴じゅん子が新曲「雪の海」をリリース。「この曲は令和の『津軽海峡・冬景色』」

【Colorful Interview】美貴じゅん子が新曲「雪の海」をリリース。「この曲は令和の『津軽海峡・冬景色』」

美貴じゅん子が、6月29日に新曲「雪の海」をリリースした。
昨年は17年ぶりにテイチクレコードに復帰を果たし、25周年記念曲でもある前作「土下座」はその斬新なタイトルから大きな話題となり世間の耳目を集めた。多くのファンをはじめ歌手仲間の応援もあり、全力で駆け抜けてきた25年の経験や思いを新曲にぶつけ、美貴はこの作品で新たな一歩を歩み出す。

 

「いままで出合ったことのない曲。思わず泣けてきました」


新曲「雪の海」のリリースおめでとうございます。「雪の海」はどのような作品でしょうか。

美貴 ありがとうございます。この作品は悲恋の女性がテーマです。ふぞろいの恋を断ち切ってしまうことができるのなら、いっそ海に雪と一緒に溶けて沈んでしまいたいと思い、寂しい女性がひとり寒い冬の海にやってきました。人目もはばからず泣きじゃくり、それでもこの女性は海に沈むこともなく立ち止まって生きていく…。切ないけれど強い女性が主人公の曲です。

とても寒々しい情景が目に浮かぶような歌詞が印象的でした。作詞を手がけられた柚木由柚先生からは、この詞を書くにあたり誕生エピソードなどはお聞きになりましたか。

美貴 先生は、この曲は”令和の「津軽海峡・冬景色」だと思ってください”と、”寂しく切ない女性、海、荒波を思い浮かべてつくりました”とおっしゃっていました。そして、”歌の世界ではどうしても美貴じゅん子に幸せになってほしくない”と思って作られたとのことでした(笑)!

そうなんですか(笑)⁈ 逆に美貴さんがこの主人公を歌われる上で心情の表現など、意識されたり挑戦されたりしたポイントはありますか。

美貴 そうですね、頭の出だしから力強くたくましく歌うことを心がけました。切ない歌なのですが、語りはほんの一部分だけであとはどこか強く生きていく、という女性の気持ちが描かれています。ですので引かないで思いきり歌うようにしています。

【PROFILE】美貴じゅん子(みきじゅんこ)  11月7日、鹿児島県出身。1996年にテイチクレコードより歌手デビュー。1997年の『NHK 新人歌謡コンテスト』で優勝賞を受賞。2021年にテイチクへ復帰し、デビュー25周年記念曲「土下座」をリリース。趣味はスポーツ観戦で、特技はジョギング。「私は朝ラン(朝のジョギング)がルーティン。走るだけでなく歩いても、体を動かして汗をかくということが健康につながると思います。短い距離でも心も体もスッキリしますよ。オススメです! 」(美貴)

 

メロディーについてはいかがでしょうか。

美貴 前作「土下座」のときもそうでしたが、岡千秋先生のお声で奏でられるメロディーに引き込まれ、すぐにメロディーは覚えることができました。いままで出合ったことのない曲でしたので、泣けてきました。とにかく、私に歌わせていただきたい!と思ってお願いしました。

レコーディングでは、岡先生から何かアドバイスはありましたか。

美貴 レッスンのときから、”頭の出だしから勢いよく歌い上げてください”と教わっていましたので、出だしを何度も練習して臨みました。あとは、言葉の響きが一番大切なので”言葉一つひとつに魂を持って、一歩も引かずに歌い上げてほしい”とアドバイスをいただきました。

美貴さんの繊細な歌声はそのままに、波飛沫をあげる荒れた海の情景や勢いを感じさせる歌唱がとても印象的でした。カラオケで歌う際は、どのような点に気をつけたらいいでしょうか。

美貴 頭の二行は、三連のリズムに乗せてやはり勢いよく歌ってほしいと思います。リズムに乗り遅れることのないように、どちらかというとガンガンと歌っていただけたら(笑)。

昨年は17年ぶりにテイチクレコードへ復帰。今年1月には25周年記念パーティーも開催され多くの方が祝福に駆けつけられたそうですね。

美貴 山あり谷ありの25年間でしたが、いままで出会えたすべての皆様方に心から感謝の気持ちでただただ胸がいっぱいでした。中でも、大先輩の細川たかしさんが応援団長として出席してくださり、また親友の水森かおりちゃんが涙を流して喜んでくれて、私も思わず泣いてしまいました。

25周年を経て、改めて今後の目標や抱負がございましたらお聞かせください。

美貴 長いコロナ禍でお客様の前で歌う時間がなかったので、少しずつでも生の歌声をお届けできるチャンスを増やしていきたいですね。そして一年に一度は私らしいライブを定期的にやっていきたいなと思います。

最後に、いま一度新曲の魅力をお願いします。

美貴 今回は、アレンジを私の尊敬している若草恵先生に初めて手がけていただきました。イントロからすべて、とにかく世界観に引き込まれる曲ですので、ぜひ聴いてカラオケで歌っていただけたらうれしいです。私自身も、「雪の海」を歌わせていただくことでこの一年成長できるように頑張ります。ひとりでも多くの方にこの曲を知っていただけるよう、全国を歩いてまいります。皆様にお会いできることを心から楽しみにしております!

 

NEW RELEASE!!

2022年6月29日発売
美貴じゅん子「雪の海」

「雪の海」
作詞:柚木由柚 作曲:岡千秋 編曲:若草恵
c/w「桜色のオ・ヴォワ」
作詞:柚木由柚 作曲:岡千秋 編曲:若草恵
テイチクエンタテインメント TECA-22032 1,350円(税込)

 

CHECK!!

美貴じゅん子テイチクエンタテインメントサイト
美貴じゅん子オフィシャルブログ
美貴じゅん子公式Twitter
美貴じゅん子Instagram

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。