• HOME
  • ニュース
  • 「キング夏フェス!~夏の終わりのナオン祭2022~」が6年ぶりに有観客で開催!

「キング夏フェス!~夏の終わりのナオン祭2022~」が6年ぶりに有観客で開催!

キングレコード所属の永井裕子・椎名佐千子・井上由美子・水城なつみの4人によるイベント「キング夏フェス!~夏の終わりのナオン祭2022~」が8月25日、東京・江東区のティアラこうとう小ホールにて開催された。

2015年に同じメンバーで販促イベントとして始まった“真夏のナオン祭”は、翌年2016年に第2回、そして昨年2021年は初の試みとしてオンラインで開催された。コロナ禍で有観客での開催が叶わなかった昨年は、“全国各地の方にお届けできる”というオンラインならではの特性を楽しみつつも「次回はファンの方の目の前で歌いたい」という思いも強くなったイベントだった。

そして2022年、感染防止対策を実施した上で、じつに6年ぶりとなるお客様を目の前にした「真夏のナオン祭」が復活。オープニングは、4人でキャンディーズの名曲「暑中お見舞い申し上げます」を華やかに熱唱して華々しくスタート。

「お客様を目の前にして、それぞれのペンライトを振って応援してくれてうれしいです」(永井)

「久しぶりのナオン祭、本当に楽しみにやってきました」(椎名)

「今年は生で見ていただけるので気合い入ってます」(井上)

「心強い先輩方と、会場の皆様と一緒に最後まで楽しく頑張ります」(水城)

ソロコーナーではこの日のためにそれぞれが考えた渾身のセットリストで楽曲を披露し、永井は「櫻紅」、椎名は「面影みなと」、井上は「さくら雨」、そして水城は「玄海みれん」と好評を得ている最新曲も歌い上げ、各々の魅力あふれるステージを展開。声を出せない客席からは盛大な拍手が送られ、温かい応援を実感するステージとなった。

ソロコーナーに続いて、昨年の配信ライブで好評だったコラボコーナーへ。

『ちばらき姉妹』と命名された椎名佐千子&水城なつみが1年ぶりにタッグを組み息の合ったかけ合いを見せ、“夏唄”をテーマに選曲された歌唱曲「め組のひと」を熱唱。キュートでカッコイイ『ちばらき姉妹』を披露。続いて登場した永井裕子&井上由美子の『なでしこ姉妹』は安定のコンビ感で会場を盛り上げた。

今回歌唱した楽曲は「ふたりの愛ランド」。意表を突く選曲だが、二人で相談して決めたという。こちらもさすがは長年のコンビだけあって、パワーあふれるステージとなった。

ラストは再び4人でステージに登場し、「まだまだ大変な日が続きますが、これからも頑張っていこうという思いを込めてこの曲を歌います」とあいさつ。「負けないで」を歌唱しイベントは幕を閉じた。有観客としては6年ぶりとなる「真夏のナオン祭」は、お客様の前で歌える喜びと感謝を噛み締めるイベントとなった。

 

■セットリスト

M1 暑中お見舞い申し上げます(全員)
<水城なつみ>
M2 くれない渡り鳥
M3 艶花いちりん
M4 玄海みれん
<井上由美子>
M5 中野坂上
M6 さくら雨
M7 秋桜の街
<椎名佐千子>
M6 潮騒みなと
M7 ソーラン鷗唄
M8 面影みなと
<永井裕子>
M9 華と咲け
M10 櫻紅
M11 五右衛門の恋
M12 め組のひと(ちばらき姉妹[椎名&水城])
M13 ふたりの愛ランド(なでしこ姉妹[永井&井上])
M14 負けないで(全員)

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。