• HOME
  • ニュース
  • 工藤あやのが初のコンサートツアーをスタート!『9→10あやのコンサートin TOKYO』で決意。「10周年にはぜひ夢を実現させたい」

工藤あやのが初のコンサートツアーをスタート!『9→10あやのコンサートin TOKYO』で決意。「10周年にはぜひ夢を実現させたい」

工藤あやのが6月17日、東京・中央区の日本橋三井ホールで「9→10 あやのコンサートin TOKYO ~おかげさまで来年十周年~」を開催した。

2014年に「さくらんぼ 恋しんぼ」でデビューした工藤はデビュー9年目。今年1月にリリースした2年ぶりの新曲「白糸恋情話」も好調な売り上げを見せており、このコンサートは来年で10周年という節目を迎えるにあたり企画された「910(KUDO)プロジェクト」の一環で、この日はツアー初日。会場では、師匠であり「白糸恋情話」の作曲も手がけている弦哲也氏も愛弟子の勇姿を優しく見守っていた。

「9と10という数字は『クー、ドー』なので、何かできないかと考えまして、来年の10周年に向けてコンサートをスタートさせることにしました。まだ1年先でちょっと早いかもしれませんが、10周年を迎えるときには『NHK 紅白歌合戦』にも出たいですし、みんなと一緒に新しい世界を見たい。そういう思いから、みんなで一生懸命頑張っていこうという気持ちで今回のコンサートをさせていただくことになりました。10周年にはぜひ夢を実現させたいですね」(工藤)

およそ300名の熱烈なファンが応援に駆けつける中、コロナ禍突入直前の2019年にリリースした「大阪花吹雪」をはじめ、2018年に発表した初めてのアルバム『工藤あやの ファースト・アルバム』から「恋微熱」や名曲のカバー「おてもやん」「酔歌~ソーラン節入り~」、記念すべきデビュー曲「さくらんぼ 恋しんぼ」、そして新曲「白糸恋情話」など全18曲を熱唱。最後までパワフルに、ときにしっとりと表現力豊かな歌声とパフォーマンスで観客を楽しませた。

工藤は、ソロ活動のほかに、2018年から東北出身の女性演歌歌手3人、工藤、津吹みゆ、羽山みずきから結成されたユニット「みちのく娘!」としても活動中で人気を集めている。

「『みちのく娘!』の活動では、私たちの師匠で舞踊振付家の花柳糸之先生にさまざまなことを教えていただいています。今回のソロコンサートでは花柳先生に監修をしていただいているのですが、『みちのく娘』と同じような早替え、それ以上のものを皆さんに見ていただけるように練習してきました。私は根っからのポジティブ(笑)でして、今回の衣装は全体的に元気になってもらえるような明るい色や柄のものを選びました。衣装からも私自身の明るさや元気さが伝わればいいなと思います。歌を聴くだけではなく目でも楽しんでいただけるコンサートをできたらと思っています!」(工藤)

今回のコンサートの見どころのひとつは、朗読のシーン。新曲「白糸恋情話」は、石川県金沢出身である泉鏡花の『義血侠血』という小説をモチーフに制作された楽曲で、金沢を舞台に哀しい運命にもてあそばれる主人公・滝の白糸と青年の悲恋が綴られた作品。工藤はレコーディングに臨む際にも実際に何度も小説を読むなど勉強したという。

新曲「白糸恋情話」はYouTubeでも大反響だそうで、「カラオケ教室のレッスン曲になっていたりします。工藤あやのが歌っているのを知らない方は『楽曲が好き。そして、歌っているのが工藤あやのだった』と。だけど、そこから工藤あやのを知っていただき、最近の曲まで聴いていただけるようになったので、自分にとってはかけがえのない一曲です」(工藤)


「今日はこの『白糸恋情話』の世界観を少しでも感じていただきたいと思い、ちらっとですが題材になっている『義血侠血』の朗読を一人三役でお届けしました。これまではテンポの早い歌を歌ってきましたが、この作品から歌の力が試される楽曲をいただいたので、これからは自分の声を皆さんに味わっていただけるようなスケールの大きな歌を歌っていきたいと思っています」(工藤)

最後に、監修を務めた花柳糸之氏と、客席から恩師の作曲家・弦哲也氏がステージへ登場し激励。工藤は感激のあまり涙を流した。

「皆さんに足を運んでいただいて、まるで自分のことのようにうれしくて、感謝の気持ちでいっぱいです。来年10年目を迎えるわけですが、今日のコンサートはいろんな表情のあやのを見せてもらいました。いろんなチャレンジをするのは大事ですが、足もとをもっともっと固めて、完成度の高い舞台を作っていくよう頑張ってください」(弦哲也氏)

客席からステージに上がってあいさつする作曲家・弦哲也氏(中央)、左が監修の花柳糸之氏。

開演前の会見では、「今年は有言実行の年にしたい!」と、ひだまりのようなあやのスマイルで語っていた工藤。この日を皮切りに、8月10日に大阪・豊中市のアクア文化ホール、9月11日には地元である山形(会場・詳細は後日発表)の3カ所でコンサートを行うこととなっている。詳細は、工藤あやのオフィシャルサイトをチェック。

 

NEW RELEASE!!

2022年1月26日発売
工藤あやの「白糸恋情話」

「白糸恋情話」
作詞:原文彦 作曲:弦哲也 編曲:若草恵
c/w「手紙」
作詞・曲:向井浩二 編曲:矢田部正
c/w「山形育ち」
作詞・曲:山口岩男 編曲:矢田部正
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91388 1,350円(税込)

CHECK!!

工藤あやのオフィシャルサイト
工藤あやの公式Twitter
工藤あやのInstagram


▶︎工藤あやのが新曲「白糸恋情話」発売記念ライブで笑顔、涙、笑顔…!「これからも元気と勇気と幸せをお届けしていけたら」

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。