• HOME
  • ニュース
  • 氷川きよしが年内いっぱいでの活動休止を発表。「自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい」

氷川きよしが年内いっぱいでの活動休止を発表。「自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい」

1月21日、所属事務所・長良プロダクションのホームページにて、氷川きよしが2022年12月31日をもって歌手活動を休止することが発表された。

2000年に「箱根八里の半次郎」でデビューして以来、確かな歌唱力とカリスマ性で22年間人気歌手として第一線で活躍。演歌・歌謡曲のみならずジャンルの枠を超えた数多くの名曲やヒット曲を世に送り出し、22年連続で『NHK 紅白歌合戦』にも出場を果たしている。

事務所の発表は以下の通り。

「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、氷川きよしは2022年12月31日をもちまして一旦歌手活動をお休みさせていただくことをご報告申し上げます。
これまで氷川きよしを22年間応援してくださったファンの皆様、ご支援くださった関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
2000年2月2日にシングル「箱根八里の半次郎」で デビューして以来、22年間歌い続け、走り続けて参りました。
ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向を尊重しこの様な決断に至りました。
お休みの期限は特に定めておりませんが、お休みに入るまで約1年ございます。コンサートツアー、6月からの劇場公演等で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
今後とも氷川きよしへの温かいご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます」

今月27日からは「氷川きよしコンサートツアー2022~歩き続ける歌の道~」もスタート。そして、

「『群青の弦(いと)』は箏曲師の宮城道雄さんをイメージして歌った作品となっています。宮城さんは盲目でいらっしゃったわけですが、そんな苦悩の中から「春の海」のような素晴らしい作品をお作りになられました。その宮城さんの思いを感じる作品を発売させていただきます。どんなハンデがあってもどんな苦しいことがあっても、乗り越えてそこでまた輝いていく、そんな思いにさせていただける一曲です」(氷川)

2月1日にはそう語っていた新曲「群青の弦(いと)」のリリース、6月からは劇場公演も控えており、今年一年をかけて全国のファンへ感謝の思いとともに歌声を届ける。

NEW RELEASE!!

2022年2月1日発売
氷川きよし「群青の弦(いと)」(Aタイプ)

「群青の弦(いと)」
作詞:原文彦 作曲:岡千秋 編曲:丸山雅仁
c/w「鼓」
作詞:かず翼 作曲:岡千秋 編曲:石倉重信
ボーナストラック「きみとぼく」
作詞:kii 作曲:木根尚登 編曲:鈴木豪
日本コロムビア COCA-17957 1,350円(税込)

「群青の弦(いと)」(Bタイプ)

「群青の弦(いと)」
作詞:原文彦 作曲:岡千秋 編曲:丸山雅仁
c/w「浮世 恋の騙し絵」
作詞:朝倉翔 作曲:四方章人 編曲:伊戸のりお
ボーナストラック「きみとぼく」
作詞:kii 作曲:木根尚登 編曲:鈴木豪
日本コロムビア COCA-17958 1,350円(税込)

「群青の弦(いと)」(Cタイプ)

「群青の弦(いと)」
作詞:原文彦 作曲:岡千秋 編曲:丸山雅仁
c/w「明日が俺らを呼んでいる」
作詞:原文彦 作曲:宮下健治 編曲:石倉重信
ボーナストラック「きみとぼく」
作詞:kii 作曲:木根尚登 編曲:鈴木豪
日本コロムビア COCA-17959 1,350円(税込)

CHECK!!

氷川きよし日本コロムビアオフィシャルサイト
氷川きよしInstagram

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。