• HOME
  • ニュース
  • 北岡ひろしが浅草・雷5656会館で新春特別公演を開催。40年の節目を前に歌への情熱をファンへ届ける

北岡ひろしが浅草・雷5656会館で新春特別公演を開催。40年の節目を前に歌への情熱をファンへ届ける

1月23日、東京・浅草の雷5656会館で、北岡ひろしが新春特別公演を開催した。換気時間を設けるなど新型コロナウイルス感染予防の徹底に努める中、昼夜2回にわたり趣向を凝らした内容で会場に駆けつけた大勢のファンを楽しませた。

公演は二部構成となっており、第一部は日本舞踊、長唄『近江お兼』の上演で幕を開けた。
主人公の「近江のお兼」を北岡が、若い衆を国内外で活躍する日本舞踊家の筑紫霞弥、尾上嘉之介の二人が演じ、舞台をにぎやかに彩った。

近江の国、今の琵琶湖の東岸あたりで高下駄を履き、着物のつまをからげて布の入ったたらいを抱えたお兼は、伝説上の大力を持つ娘。暴れ馬を抑えたり、からかってくる若い衆を投げ飛ばしたりと男勝りなところもあるが、ふと見せる女心やほのかな恋の模様も感じられる。

「北岡ひろしでございます。本日は新春公演、5656会館にてたくさんのお客様、にぎにぎしくご来場賜りまして誠にありがとうございます。
大変な世の中ではございますが、今日はひと時このステージをご覧になっていただきまして、日頃を忘れていただけましたらと思っております。出演者一同、この舞台精いっぱい相勤めますれば、皆々様のご声援のほど、隅から隅まで、ずずずずいっと御願い申し上げます」

会場となった浅草の名所のひとつでもある雷5656会館は、浅香光代氏(2021年逝去)が毎年お正月公演をしていた場所。北岡と親交が深かった浅香氏との縁もあり、知人の計らいと支援により「ここで新春公演を開きたい」という北岡の願いが叶ったという。

換気休憩を挟み、北岡の口上で始まった第二部では「木遣りくずし」「奴さん」など粋でおしゃれな端唄から、ご当地・浅草をテーマにした「浅草ものがたり」や2004年にリリースされた北岡のデビュー20周年記念曲「竹屋の渡し」、さらに美空ひばりの名曲から「車屋さん」「津軽のふるさと」「お祭りマンボ」をテンポよく、時にしっとりと歌い上げ、会場を魅了した。

北岡の歌に日本舞踊家・芳柳扇寿氏のいぶし銀の華麗な踊りがステージに華を添えた。

また、ゲストとして全国で活躍する漫才師「すず風にゃんこ金魚」や吉幾三専属演奏家として国内外で活動する津軽三味線奏者の福居幸大氏、さらに、躍動感あふれる演奏で北岡をバックから支える「The PERMANENTS」を迎え繰り広げた多彩なステージで観客を楽しませた。

強烈なインパクトの飾りを付けた金魚(右)と、金魚に冷静にツッコミを入れるにゃんこ(左)。パワフルかつ息の合った漫才で観客を楽しませた。

華麗な演奏で北岡を支えたThe PERMANENTSは、1997年に結成されたロックバンド。バラードの「月光」を熱唱した。バンドマスターでありボーカル・ギターの田光マコトは250年続く蕎麦粉問屋の社長も務めているという。

津軽三味線奏者の福居幸大氏。吉幾三の専属演奏家として、海外・全国ツアーを中心に活動。若々しくかつ躍動感あふれる「撥捌き」で人気を集めている。

後半を盛り上げたのは、昨年6月にリリースした新曲「伏見十石舟」や「寂しいっしょ」「雨の鶴岡」(ともに2015年)、デビュー35周年記念曲「不滅の愛」(2019年)など、北岡のオリジナリティー豊かな代表曲の数々。艶やかな着物姿と甘い歌声で熱唱し、およそ2時間におよぶ公演は温かい余韻を残しつつ幕を閉じた。

会場では、30年以上前から親交があり新曲「伏見十石舟」を作曲した岡千秋氏も北岡を見守っていた。

「伏見十石舟」のカップリング曲「三つの氷」は、南波洸(みなみひかる)名義で北岡自身が作詞を手がけた、愛する人を忘れられずその思いをひとりお酒に浮かべる切ない心情を描いた作品。

「皆様、本日はとっても大変な中、こんなにたくさんの方々に雷5656会館にご来場賜りまして本当にありがたく思っております。わたくしもデビューをさせていただきましてから今年で39年目に入ります。40周年に向かいまして、わたくしも体に気をつけながら、一生懸命頑張っていきたいと思います。どうぞ皆さん今後ともよろしくお願い申し上げます」

1984年に「夢灯り」でデビューし、歌手として岐路に立ったという10年目に、”日本でただひとりの女形歌手になろう”と決断して活動を続け、29年。今年はデビュー39年目を迎える。
輝かしい40周年の節目を前に、歌手人生の新たな忘れられない思い出の一日となったという北岡。まだまだ尽きない芸、そして歌への情熱を最後までファンに届けた。

 

Now on sale!!

2021年6月16日発売
北岡ひろし「伏見十石舟」

「伏見十石舟」
作詩:本橋夏蘭 作曲:岡千秋 編曲:竹内弘一
c/w「三つの氷」
作詩:南波洸 作曲:岡千秋 編曲:竹内弘一
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91354 1,350円(税込)

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。