• HOME
  • ニュース
  • 東京力車の白上一成が故郷・滋賀県栗東市の「うますぎる栗東大使」に就任!

東京力車の白上一成が故郷・滋賀県栗東市の「うますぎる栗東大使」に就任!

東京・浅草で人力車を引っ張る現役俥夫として、さらにアーティストとしても活躍中のエンターテインメントパフォーマンスユニット・東京力車のメンバーの白上一成が、自身の出身地である滋賀県栗東市の「うますぎる栗東大使」に就任した。

「うますぎる栗東大使」は、栗東市出身、またはゆかりのある著名人によりまちをPRし郷土愛を持って全国的に栗東の素晴らしさをアピールしていく活動を行っていく広報大使の愛称。このたび、浅草だけではなく生まれ育った故郷を大切に活動している東京力車のメンバーで滋賀県栗東市出身の白上に白羽の矢が立った。

6月3日、滋賀県栗東市役所でおこなわれた委嘱式で、野村昌弘市長から委嘱状を受け取った白上は、「故郷である栗東市で念願の『うますぎる栗東大使』になれてとてもうれしい。東京力車として大きくなっていくことで、日本全国、そして世界に滋賀・栗東市をアピールしていきたい」と、力強く意気込みを語った。

白上が所属している東京力車は、東京・浅草で人力車を引っ張る現役俥夫から結成された、古き良き時代の日本の伝統文化を令和のいまに伝えることをモットーに、“元気”と“笑顔”を届ける唯一無二の4人組パフォーマンスユニットだ。「天下御免の伊達男」(2020年)、「ニビイロトーキョー ~チャンチキおけさ~」(2021年)と二作続けて発売初週にオリコン演歌歌謡ランキング1位を獲得するなど、勢いに乗っている。

東京力車のメンバーである左から田井裕一、リーダーの石橋拓也、渡邉善央、そして今回「うますぎる栗東大使」に任命された白上一成。

『浅草から笑顔と元気を全国に!』をテーマに活動する彼らは、7月20日にシングル「Sole!~おまんた囃子~」をリリースする。この曲は、三波春夫が歌った「おまんた囃子」にプロデューサーの前山田健一(ヒャダイン)が新たな歌詞とメロディーを付与し、令和の時代に生まれ変わったノリの良いお祭りソング。タイトルの”Sole(ソレ)”は、イタリア語で太陽を表しており、今年の夏を太陽のように明るく照らしてくれるだろう彼らの全力の歌声とパフォーマンスに期待だ。

 

NEW RELEASE!!

2022年7月20日発売
東京力車「Sole!~おまんた囃子~」
<通常盤A>
TECA-22033/定価:¥1,350(税込)/シングルCD(マキシシングル仕様)
<通常盤B>
TECA-22034/定価:¥1,350(税込)/シングルCD(マキシシングル仕様)
<特別限定盤>
TECA-22035/¥1,350(税込)/シングルCD+エムカード1枚封入(ジュエルケース仕様)

CHECK!!

東京力車オフィシャルサイト
東京力車公式Twitter
東京力車公式YouTubeチャンネル

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。