• HOME
  • ニュース
  • 工藤あやのが新曲「白糸恋情話」発売記念ライブで笑顔、涙、笑顔…!「これからも元気と勇気と幸せをお届けしていけたら」

工藤あやのが新曲「白糸恋情話」発売記念ライブで笑顔、涙、笑顔…!「これからも元気と勇気と幸せをお届けしていけたら」

1月26日に7作目となる新曲「白糸恋情話」をリリースする工藤あやのが、前日の25日に東京・六本木クラップスで新曲発売記念ライブを開催した。

当初は、会場での有観客と配信のハイブリッドライブとして予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を鑑み、残念ながら急きょ生配信のみに変更となった。生配信でライブに参加した大勢のファンは、工藤の新曲リリースを画面を通して祝福。トークでは、随時チャットのメッセージを紹介して画面越しに見守るファンとのコミュニケーションを図るなど、温かいふれあいのひと時を楽しんだ。

「今回、私は『白糸恋情話』という作品で、また新しい”工藤あやの”になるんだ。でも、決して原点は忘れてはいけないという思いで、前作の『大阪花吹雪』から逆にデビュー曲までご覧いただいた後に、新曲『白糸恋情話』をお届けしました」

過去6作品のMV(ミュージックビデオ)のダイジェスト、続けて新曲「白糸恋情話」のMVが流れる中、工藤がステージに登場。新曲を表情豊かに歌い上げ、ライブは幕を開けた。

「皆さんこんばんは! 山形県山形市出身、「山形のひだまり娘」工藤あやのと申します。今日はお時間を作り、こうしていつも応援してくださっておりますファンの皆様、画面越しですけれどお会いできて本当にうれしいです。いよいよ明日、1月26日には工藤あやのの2年ぶりの新曲「白糸恋情話」が発売となります。いつも支えてくださって本当にありがとうございます。今日は心を込めて最後までお届けいたしますので、一緒に盛り上がっていくべ!」

新曲への熱い意気込みを語り進めようとしたところでスタッフより「いしかわ観光特使」を拝命したことをサプライズで伝えられた。工藤は、「めちゃめちゃうれしい!ありがとうございます。もっと石川県の勉強もしなくちゃ」と笑顔を見せた。

「白糸恋情話」は、石川県金沢出身である泉鏡花の『義血侠血』という小説が題材となっている。作詞を原文彦氏、作曲を恩師の弦哲也氏が手がけた、金沢を舞台に運命にもてあそばれる主人公・滝の白糸と青年の悲恋が綴られた作品。工藤は実際に小説を読むなど勉強してレコーディングに臨んだという。

さらに、工藤へもうひとつのサプライズも用意されていた。
ステージのスクリーンに歌の師匠である作曲家の弦哲也氏から温かい激励のビデオメッセージが映し出されると、工藤は驚きと感動で大粒の涙をこぼした。

「あやの、新曲発表おめでとう。来年の10周年に先駆けて大人になったあやのの歌をということで、あえて難易度の高い文芸色濃い歌を作りました。 『白糸恋情話』は泉鏡花の名作『義血侠血』の滝の白糸が主人公。この作品は映画やお芝居になっていて、歌もたくさんの人が歌っている。だから非常にプレッシャーがかかると思うんだけれど、あやのの色で歌っていいと思うよ。成長した工藤あやのの歌を、ぜひ皆さんに聴いていただいて応援してもらえたらいいね。工藤あやのを応援していただいているファンの皆さん、これからもあやのをよろしくお願いします」(弦哲也氏)

「え〜っ!ありがとうございます。着物にまた涙ついちゃった。クリーニング、こないだ出したばっかりなのに…(笑)。MVの撮影の時も泣いてしまいまして、シミになってしまいました。そして帰ってきたばかりの着物をまた濡らしてしまいました。すみません。お給料から引いてください…(笑)」

2010年、16歳の時に弦哲也「北区(きた)の演歌座2010」新人歌手オーディションで大賞を受賞。2014年、弦哲也氏のプロデュースで歌手デビューを果たし、歌手・工藤あやのは誕生した。

「とてもとても恵まれたデビューでした」

その後は、9年目を迎えたこれまでの歌手人生の軌跡を振り返るように、デビュー曲の「さくらんぼ恋しんぼ」から新曲「白糸恋情話」まで、カップリング曲も交え全7作品のシングルを表現力豊かに熱唱し、のびやかな歌声で聴かせた。

2018年より同じ山形県出身の羽山みずき、福島県出身の津吹みゆとともに「みちのく娘!」としても活躍している。昨年12月にリリースした3作目のシングル「みちのく恋の花」も今回はひとりだが元気に披露した。

歌手になりたかったという母の夢は娘に引き継がれた。母の母(工藤にとっては祖母)との親子三代にわたるエピソードや自身の夢、そしてこれからについて。最後までファンに向かい自分の言葉で語った。

「これからも歌という道を、続けさせていただけるかぎり歌って、元気と勇気と幸せを皆さんにお届けしていけたらなと思います」

笑顔、涙、笑顔、涙……。リリース日を前に新曲への意気込みと感謝の気持ちを思う存分ファンへ届け、そして最後はやはりひだまりのような笑顔でライブを締めくくった。

27日には、東京・なかのZERO大ホールで行われる「東京演歌ライブ Vol.201」に出演予定。
詳細は、工藤あやのオフィシャルサイトをチェック。

 

NEW RELEASE!!

2022年1月26日発売
工藤あやの「白糸恋情話」

「白糸恋情話」
作詞:原文彦 作曲:弦哲也 編曲:若草恵
c/w「手紙」
作詞・曲:向井浩二 編曲:矢田部正
c/w「山形育ち」
作詞・曲:山口岩男 編曲:矢田部正
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91388 1,350円(税込)

CHECK!!

工藤あやのオフィシャルサイト
工藤あやの公式Twitter
工藤あやのInstagram

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。