• HOME
  • ニュース
  • 伝説のビジュアル系ロックバンド「FANATIC◇CRISIS」結成30周年記念ライブを開催「ファンのみんなとまた会えることが何よりの喜び」

伝説のビジュアル系ロックバンド「FANATIC◇CRISIS」結成30周年記念ライブを開催「ファンのみんなとまた会えることが何よりの喜び」

2005年に解散した伝説のビジュアル系ロックバンド「FANATIC◇CRISIS」の元メンバーである、石月努、kazuya、SHUN.の3人が5月14日、東京・千代田区の日比谷野外大音楽堂で野外ライブ「FANATIC◇CIRCUS『転生-TENSEISMーFtC 30th ANNIVERSARY』」を開催した。

「皆さん、お久しぶりです。いま見えているのが奇跡です。今日はみんなにとってもオレたちにとっても特別な日であるがゆえに特別なことはしません。王道のロックエンターテイメントショーをお届けします」(石月)。

現在は、音楽活動のほかにアート全般のデザインを手がけるアーティストとしても活躍中の石月は「FANATIC◇CRISIS」のボーカル兼リーダー。そして、ビジュアル系演歌歌手・最上川司が所属(ドラムス担当)する人気ビジュアル系ロックバンド、THE MICRO HEAD 4N.S(マイクロヘッドフォンズ)のリーダー兼メインコンポーザーであるkazuya、ギター&DJ担当のSHUN.も同バンドの元メンバー。2005年5月14日の東京ベイNKホールでの解散ライブから17年がたち、生まれ変わることを意味する「転生」と題して開催され、チケットは発売直後に早々と完売する人気となった。

開演前には、「あのころの感情や思いをまたこの日比谷野音で音にできるよう頑張ります! そして、ファンのみんなとまた会えることが何よりの喜びです。みんなですてきなライブを作り上げられたらと思っています」(SHUN.)、「(ファンとの)17年ぶりの再会を純粋に楽しみにしています。再結成や復活などではないカテゴリー、転生ということで進化した音楽を楽しんでいただけたら幸いです」(石月)と話し、17年ぶりとなるライブへ意欲を見せた。

LEVIN(ドラムス)とNATCHIN(ベース)の二人をサポートミュージシャンに迎え、ボーカル・石月努、ギター・kazuya、ギター・SHUN.の3人がステージに揃うと、満員の客席はオープニングから歓声が沸き上がり総立ちに。1曲目の「サーカス」からパワー全開のステージを展開し、代表曲「火の鳥」をはじめ、「Maybe true」「SLEEPER」「月の花」「心に花を 心に刺を」「キミガイタセカイ」「黄金の月」「ONE」「追憶をこえるスピードで」「LOVE ME」など全22曲を熱唱し、最後まで満員のファンたちを熱狂させた。

今後は、石月、kazuya、SHUN.の3人で「FANATIC◇CIRCUS」というプロジェクト名での音楽活動も行っていく。また、この日のライブの追加公演となる【TENSEISM ENCORE】を9月4日に東京・品川インターシティホールで開催することを発表した。

右からメンバーのkazuya、石月努、SHUN.。「今回のライブがSOLD OUTしたことで、改めてたくさんの方に愛されていたんだなと思いました」(kazuya)。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。