• HOME
  • ニュース
  • 藤正樹と竜小太郎がトーク&歌の競演!「二人のビックショー」を開催

藤正樹と竜小太郎がトーク&歌の競演!「二人のビックショー」を開催

12月7日、東京・古賀政男音楽博物館・けやきホールで「二人のビッグショー~あれからウン十年~」が開催され、歌手の藤正樹と俳優で歌手としても活躍する竜小太郎が共演した。

藤は、1973年に日本テレビの伝説のオーディション番組『スター誕生!』で美川憲一の「新潟ブルース」を歌唱し第6回グランドチャンピオンに輝いた。同年、弱冠15歳の時に「演歌の怪物ハイセイコー」のキャッチフレーズで歌手デビュー。その年の新人賞を総ナメにし、70年代の歌謡界を席巻した。

竜は、4歳で日舞を習い始め、森川長次郎劇団に入団。大衆演劇役者の月太郎氏と出会い演劇の道へ。その後、関西を中心に大衆演劇界で活躍し、7歳の時に「初代浪花のチビ玉」と呼ばれて人気を博した。以降、舞台だけではなくテレビ界でも活躍し、TBS系『水戸黄門』やNHK大河ドラマ『風林火山』など数多くのドラマに出演。艶やかな女性を表現するために流し目を使い「流し目のスナイパー」とも呼ばれ、歌手としても活躍している。

竜が10歳の時にリリースした「紅色恋歌」、藤が「忍ぶ雨」とそれぞれの思い出深いデビュー曲で幕が開がると、司会の牧野尚之氏の進行でトークショーが行われた。

「7歳でチビ玉として出させていただいて、人気が爆発した時『竜小太郎に歌わせてみたらどうか』ということで東芝EMIさんからデビューさせていただきました。僕の先輩でもある舟木一夫さんから『おまえはいい声をしているから歌ってみたら…』と言われたのがきっかけで、こうして歌うことになりました」(竜)

「同じ事務所に所属していた山口百恵さんとは、出身番組が『スター誕生!』と同じで、1カ月違いの同期でした。結婚してからはほとんどお会いしたことはありませんが、昔は2日に一度ぐらいご一緒していました」(藤)

和やかなトートークショーに続いては、ゲストに迎えたなぎさwith、高木ちえ美、美月優の女性歌手によるステージが行われた。

今年6月にリリースした「ゴザーレさいたま」、カップリング曲「SEMI」を歌唱したなぎさwith。埼玉県を中心に活動中のシンガーソングライターで、キャッチフレーズは”癒し系&SEXYボイス”。

日本作曲家協会主催新進歌手フェスティバルで奨励賞を受賞した際に立った思い出のけやきホールのステージで「未練でしょうか」やデビュー曲「少し愛して永く愛して…」を歌唱した高木ちえ美。

デビュー13年目の美月優は「波の伊八」など3曲をパンチの効いたパワフルな歌声で聴かせた。

後半は、竜と藤のオンステージ。竜が茨城県に実在する川をモチーフにした「男女の川(みなのがわ)」、1984年に発売された尾形大作の名曲をカバーした新曲「新宿旅鴉」など、続いて藤が、ヒット曲「あの娘がつくった塩むすび」をはじめ、昭和の名曲カバーから春日八郎の「別れの一本杉」、舟木一夫の「高校三年生」、内山田洋とクール・ファイブの「長崎は今日も雨だった」、それに自身が作曲した「「昭和の詩(ウタ)」などメドレーを含めて12曲をそれぞれ熱唱した。

フィナーレは、古賀政男の作曲した藤山一郎のヒット曲「東京ラプソディ」を出演者揃って披露し、最後まで大勢のファンを存分に楽しませた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。