• HOME
  • スペシャル
  • 蘭華が「ありがとうコンサート2021」で祈りを込めて熱唱。さらに新曲「愛しい涙」を初披露

蘭華が「ありがとうコンサート2021」で祈りを込めて熱唱。さらに新曲「愛しい涙」を初披露

「今、世界は昨年から続く新型コロナウイルスの蔓延により、いまだに多くの人々が尊い命を落としています。私も大切な人を亡くしました。私が皆さんに届ける音楽を通じて、命の尊さと大切さを少しでも感じていただけたらうれしく思います。世界中に、早く平和が訪れますように。すべての人への感謝と敬意の気持ちを込めて、これからも自分にできることを届けていきたいと思います」

シンガーソングライター・蘭華が12月26日、東京・吉祥寺の日本キリスト教団、東美教会で「蘭華♡ありがとうコンサート2021」を行った。

蘭華は昨年この同じ場所で、アフガニスタンで凶弾に倒れたペシャワール会現地代表の中村哲医師へ捧げる追悼チャリティーコンサートを開いた。中村医師は、アフガニスタン国内での地域医療や緑化事業、灌がい事業などに貢献し復興・人道支援に取り組んでいたが、2019年12月、何者かの凶弾に倒れ帰らぬ人となった。その活動に感銘を受けた蘭華は、中村医師に捧げる鎮魂歌「愛を耕す人」を書き上げた。
そして2020年秋、支えてくれたすべての人たちへ贈る感謝と恩返しを込めた「ねがいうた」と「愛を耕す人」の両A面シングルをリリース。コロナ禍で聴きたい曲として、発売から1年以上が経過した現在もその人気は衰えずロングセールスを続けている。

髙橋真梨子バンドで活躍しているピアニスト・宮原慶太氏(左)、ドラマー・山下政人氏(右)を迎え行われた。洗練されたピアノの旋律とパーカッションの音色が神聖な教会に響き渡り、蘭華のメロディアスな作品たちを一層引き立てた。

コンサートは、昨年と同じく中村医師に捧げた「愛を耕す人」でスタート。優しいピアノの演奏による切ないメロディーと蘭華の祈りのこもった歌唱に、早くも会場全体が一体となった。

その他にも、スウィングやブルース、シャンソン、イタリア映画音楽などの洋楽のエッセンス漂うセカンドアルバム『悲しみにつかれたら』に収録されている「悲しみにつかれたら」「ルージュ」「薔薇色のブルース」「メランコリック」「懺悔の裏窓」、102歳で他界した祖母の愛の人生を歌った「愛の遺産」など、オリジナリティーあふれる作品の数々を表現力豊かに歌い上げファンを魅了した。

さらに、このコンサートで12月24日に配信がスタートしたばかりの新曲「愛しい涙」も初披露した。

「私が20代の頃に書いた曲です。大切なものを失って孤独と痛みを知りましたが、あの日君に出会えたから愛される喜びも幸せの意味にも気づくことができた。今の私がいるのは君がいてくれたから……という、愛しい人への感謝の思いを込めたラブソングです。歳を重ねてしまった今の私が歌うとちょっとかわいすぎる曲なので若い方に歌ってほしいなという思いで楽曲提供を目指していたんですけれど、私のスタッフが『どうしてもこの曲は蘭華でリリースしたい』ということで今回のリリースにいたりました」

10年以上前に蘭華が書きためていたもので、ファンの間では人気が高い作品。珠玉のラブソングは来年のバレンタインに向けて話題になりそうだ。

また、蘭華は昨年在日カザフスタン共和国大使館からの依頼で、著名な詩人・アバイの「黒い瞳」を日本語でカバー。その映像がカザフスタン国内で広まり、外務大臣から感謝状を授与された。そうした縁もあり、12月16日に迎えたカザフスタン共和国独立30周年記念曲の制作も担当。その記念曲の「カザフの夢」、そして「黒い瞳」も披露した。

「『ねがいうた』は私のデビュー曲。そして昨年もう一度初心に返って歌い直そうと思い再録した、私の一番大事な曲です。おかげさまで目標だったオリコンの演歌・歌謡ランキングでトップ10に入り、総合ランキング100位入りも果たし素晴らしいスタートを切ることができました。この曲は、今は亡き父、そして私を東京で育ててくれた恩師へ捧げた曲として誕生しました。今は一緒に夢を追い求めることも私が活躍する姿も見てはもらえないけれど、きっと遠い場所や空の向こうで見ていてくれるだろう。いつの日か私が歌手として大きくなることができたのなら、喜ぶ顔が見たい。そんな思いで書いた曲です。本当にたくさんの方たちに応援していただいて、支えられて今があります。すべての皆さんに感謝の思いを込めて、恩返しの思いを込めて歌わせてください」

アンコールでは、コンサートでは欠かさず歌い続けてきた代表曲「ねがいうた」、東日本大震災の応援ソングとして制作された「希望という花を」を熱唱。歌に乗せ、命の尊さや大切さを訴えた。厳かな雰囲気の中で繊細に、そして力強く歌い上げる蘭華に、ファンは惜しみない拍手を送った。

唯一無二の世界観を突き進む蘭華。2022年もその活動に大いに注目したい。

◾️セットリスト
M1 愛を耕す人
M2 あなたに愛されて
M3 愛しい涙
M4 悲しみにつかれたら
M5 ルージュ
M6 薔薇色のブルース
M7 メランコリック
M8 桃色吐息
M9 懺悔の裏窓
M10 黒い瞳
M11 カザフの夢
M12 愛の遺産
M13 大地の祭り
Enc.1 ねがいうた
Enc.2 希望という花を


NEW RELEASE!!

2021年12月24日配信リリース
蘭華「愛しい涙」
作詞・作曲:蘭華
iTunes Store、Apple Music、レコチョク、dヒッツなど主要配信サイトにて配信中!

2020年10月7日発売
蘭華「ねがいうた/愛を耕す人」

「ねがいうた」
作詞・作曲:蘭華 編曲:綾部健三郎
「愛を耕す人」
作詞・作曲:蘭華 編曲:綾部健三郎
「あなたに愛されて」
作詞・作曲:蘭華 編曲:綾部健三郎
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91307 ¥1,350(税込)

CHECK!!

蘭華オフィシャルサイト
蘭華オフィシャルブログ
蘭華公式Twitter
蘭華Instagram

 

 

 

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。