• HOME
  • ニュース
  • 市川由紀乃が新曲の舞台となった北海道・石狩の地を訪れ市長と副市長を表敬

市川由紀乃が新曲の舞台となった北海道・石狩の地を訪れ市長と副市長を表敬

今年デビュー30周年を迎え、9月7日には東京・LINE CUBE SHIBUYAでのリサイタルも大盛況に終わった市川由紀乃が、9月13日、新曲「石狩ルーラン十六番地」の発売を報告するため、北海道・石狩市の加藤龍幸市長と面会し表敬挨拶を行った。

この日市川は、札幌のカナモトホール(札幌市民ホール)での水森かおりとのジョイントコンサートだったが、開演前に会場に市長が訪れての面会となった。新曲「石狩ルーラン十六番地」は、作詞家の吉田旺が北海道出身の夭逝の画家・三岸好太郎と妻、節子の物語をモチーフに書き下ろした楽曲で、好太郎は自らの年譜に「石狩ルーラン十六番地」という架空の出生地を記している。また、市川にとっては初めて具体的な地名が入った楽曲となった。

菊の花があしらわれ、絞りの入った真っ赤な振袖姿で加藤市長と挨拶を交わした市川に、市長は「車の中でもずっと聴いています。石狩のことを歌ってくれてありがとうございます」と伝えると、市川は「この曲がヒットして、少しでも石狩のPRにつながればうれしいです」と意欲を示した。

北海道・石狩市の加藤龍幸市長と

「歌詞に出てくる厚田という地名は私どもが以前合併した自治体なんです。そこには道の駅があって夕陽がとてもきれいなのでもし機会があったらぜひ行ってみてください。応援しています」と、エールを送った。

翌14日に石狩市役所を訪れると、鎌田英暢副市長は「石狩の歌は数少ないので、新たな石狩の歌ができてうれしい。今はコロナ禍でなかなかいけないがカラオケに行ったら必ず僕も歌いたい」との言葉に続き、石狩の歴史についても多く語れる中で、厚田には悲恋の伝説が多く、ルーラン海岸の位置する“義経の涙岩”もそのひとつで、じつは源義経が生き延びてこの地に逃れ、静御前のことを思い涙したという伝説が残っているという。それを聞いた市川は、「知れば知るほど深いですね。実際に自分の目でも見てみたいです」と伝えた。

鎌田英暢副市長と

石狩市役所の職員らも市川の来訪を歓迎し、一緒に写真を撮るなどして和やかな時間を過ごし「頑張ってください」と温かい言葉で見送られ、市役所を後にした。
また、この日市川は歌詞にも出てくる厚田を訪れ、ルーラン海岸に続く絶景を目にすると「資料や写真で見るのとは全然違って、実際に目にすると本当に壮大で、感動が深くなった。作品を通じて厚田の歴史にも触れることができてうれしい」と改めて楽曲の世界に思いを馳せた。

歌詞にも登場する厚田の海辺で

この日は、札幌に戻ると市内にある三岸好太郎美術館に立ち寄り、改めて三岸好太郎の作品に触れた。今回は市川にとって、新曲のルーツを辿り歌唱の表現力をさらに高める旅となった。

来月10月15日には、愛知県一宮市の三岸節子記念美術館にてミュージアムコンサートを開くことが決定している。

 


NEW RELEASE!!

2022年8月24日発売
市川由紀乃「石狩ルーラン十六番地」

「石狩ルーラン十六番地
作詞:吉田旺 作曲:幸耕平 編曲:坂本昌之
c/w「泣き虫ワルツ」
作詞:吉田旺 作曲:幸耕平 編曲:坂本昌之
キングレコード KICM−31076 1,400円(税込)

▲初公開された市川の新曲「石狩ルーラン十六番地」のMV。1934年築の国の登録有形文化財「三岸アトリエ」で撮影された

 

CHECK!!

市川由紀乃オフィシャルサイト
市川由紀乃オフィシャルブログ
市川由紀乃Instagram


▶︎市川由紀乃が30周年のデビュー記念日にスペシャル生配信イベント「ソノサキノテマエノユキノ」を開催。
▶︎市川由紀乃が恒例の「リサイタル2022 ソノサキノユキノ」で圧巻のステージを披露

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。