• HOME
  • ニュース
  • 藤原浩が故郷・岡山で新曲「倉敷川哀歌」MVを撮影。楽曲の舞台である倉敷市長へ表敬訪問!

藤原浩が故郷・岡山で新曲「倉敷川哀歌」MVを撮影。楽曲の舞台である倉敷市長へ表敬訪問!

藤原浩が8月23日、岡山・倉敷市役所に伊東香織市長を表敬訪問した。

味わい深い歌唱で演歌ファンから人気を誇る藤原は、10月5日に待望の新曲「倉敷川哀歌」のリリースが決まり、それに先駆け楽曲の舞台でもある倉敷でMV(ミュージックビデオ)の撮影をすることとなり、感謝の意と新曲へ意気込みを直接伝えるために表敬訪問が実現した。

「初めまして藤原浩です。本日は貴重な機会をありがとうございます。デビュー29年目にして念願だった岡山県の歌を歌えて大変うれしく思っています。心が安らぐような美しい町並みの美観地区でMVを撮影することができてうれしかったです。きっといい仕上がりになると思います。新曲『倉敷川哀歌』はコロナ禍で深刻な影響が出ている地元の観光産業を歌で応援したいと考えていた私の想いと、制作スタッフの次回作は女性の心情を歌った王道演歌で勝負したいという戦略を合わせて検討した結果、楽曲のイメージにピッタリ合う倉敷に白羽の矢が立ちました。必ずヒットさせて地元に恩返ししたいと思います」

市長室を訪れた藤原はやや緊張気味に語ると、伊東市長は「コロナ禍が続く中、ハートランド倉敷と銘打ち倉敷美観地区を中心とした白壁の町並み、倉敷川のロケーションを活かしたライトアップイベントなどを行っているタイミングで、このような素敵なお話をいただけてうれしいです。市としても良い観光PRになりますのでヒットをお祈りしています」とエールを送った。
また、「ここ10数年で美観地区の電線の地中化工事を進めてきました。多くの人にMVで美しい町並みを観ていただけるとうれしいです。CDジャケットも繊維のまち倉敷・デニムのまち倉敷のイメージを彷彿させるブルーのお衣装で、藤原さんが書かれた題字も素敵ですね」とCDを手に取り笑顔で応えた。

MVは人気観光地である美しい白壁が印象的な倉敷美観地区で撮影を行い、中でも由緒ある「語らい座大原本邸」や、「くらしき川舟流し」が運航する倉敷川のほとりなど名所を盛り込んだ。また倉敷観光コンベンションビューロー協力のもと、倉敷のPRを担う「第40代倉敷小町」の堀日向子(ほりひなこ)さんをゲストに迎えるなど充実した力作となった。

藤原は「楽曲ヒットとともに地元岡山・倉敷の魅力を全国に発信したいと思います!」と決意を新たにした。発売日の10月5日には東京・コール田無で新曲発表会が行われる。

 

NEW RELEASE!!

2022年10月5日発売
藤原浩「倉敷川哀歌」

「倉敷川哀歌
作詞:円香乃作曲:くにひろし編曲:前田俊明

c/w「伊豆の春」
作詞:円香乃作曲:くにひろし 編曲:伊戸のりお
c/w「君こそわが命」
作詞:川内康範 作曲:猪俣公章編曲:坂下滉

キングレコード KICM-31078 1,500円(税込)

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。