• HOME
  • ニュース
  • 秋元順子が毎年恒例のバースデーコンサートを開催! 多彩な歌世界と軽快なトークでファンを魅了

秋元順子が毎年恒例のバースデーコンサートを開催! 多彩な歌世界と軽快なトークでファンを魅了

秋元順子が、6月29日、東京・江東区のティアラこうとう大ホールでバースデーコンサートを開催した。

毎年恒例となっているこのコンサートは、今年で12回目を迎えた。開場前に、秋元は「こうして地元でコンサートができること、そして生の声を聴きたいというファンの皆様の声におこたえできることがうれしい」と笑顔で語った。

今回のコンサートは前半がカバー曲中心、後半が秋元のオリジナル楽曲という構成となっており、秋元が黒のドレスにファーをまとったゴージャスな衣装で登場すると、ジャズのスタンダードナンバー「’S wonderful」でコンサートがスタートした。

「こんにちは!今日はお暑い中ようこそお越しくださいました。梅雨がこんなに早く明けるとはつゆ知らず」

秋元は度々自身のことを“下町のダジャレー夫人”と称している。会場に詰めかけた約1,000人のファンに、お得意のダジャレを混じえてあいさつし、「梅雨時には駅や電車にたくさんの傘の落としものが増えますね。でも、必ず失くした傘が見つかる駅があります。どこでしょう?それは赤坂見附!(あ、かさみっけ)」と、洒落て見せると、そのたびに会場は笑顔で包まれた。

メンバー紹介を経て「雨のブルース」「シェルブールの雨傘」と続き、MCの時とは打って変わって大人のバラードで観客を引き込んでゆく秋元。このギャップも秋元の魅力のひとつだろう。
そして次の楽曲紹介では、「最近は心が痛むような映像を観る機会が多くあります。私の大好きな映画『ひまわり』という、とても美しくも切ない映画がありますが、このようなこと(戦争)が二度と起きないように、そして世界中に早く笑顔が戻るよう、祈りを込めて歌います」と紹介すると「ひまわり」「美しい昔」を感情たっぷりに披露した。タンゴのリズムが印象的な「ラ・クンパルシータ」、福島民謡の「会津磐梯山」では、ジャズと融合した秋元独自の世界観をたっぷりと魅せて前半は幕を閉じた。

後半は、疾走するようなアコーディオンが印象的な「リベルタンゴ」のバンド演奏で幕を開け、赤のスパンコールが輝く衣装で秋元が登場。「このドレスどーれすか?」と早速ダジャレを投入し、「まだまだ愛され続けている私の宝物のような曲です。これからも咲き続けますよ!声が出る限り」と紹介すると、2008年の大ヒット曲「愛のままで…」を披露した。
そして、港町を舞台にした大人のラブストーリー「いちばん素敵な港町」に続き、作詞家の故・喜多條忠氏が秋元に遺した18枚目のシングル「なぎさ橋から」を、思いを込めて熱唱。アンコールも含め、全18曲を届けコンサートは幕を閉じた。

 

NEW RELEASE!!

2022年2月23日発売
秋元順子「なぎさ橋から」

「なぎさ橋から」
作詞:喜多條忠 作曲:杉本眞人編曲:佐藤和豊
c/w「いちばん素敵な港町」

作詞:喜多條忠 作曲:杉本眞人  編曲:宮崎慎二
キングレコード KICM-31058 1,400円(税込)
https://lnk.to/nagisabashikara

 

CHECK!!

秋元順子オフィシャルサイト
秋元順子オフィシャルブログ

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。