• HOME
  • ニュース
  • LAST FIRSTがフォーク酒場の殿堂、新橋・落陽でアコースティックライブを開催!

LAST FIRSTがフォーク酒場の殿堂、新橋・落陽でアコースティックライブを開催!

4人組コーラスグループ・LAST FIRSTが、4月2日、東京・新橋のフォーク酒場・落陽で「LAST FIRST Live at フォーク酒場の殿堂 落陽」を行なった。

フォーク酒場・落陽は、2001年に東京の荻窪にオープンした(現在は荻窪は閉店。新橋に本店を構える)フォーク酒場の先駆け的存在で、作詞家、作曲家としても活動している四元健一さんがマスターを務めている。マスターやママの田辺芳子さんが吉田拓郎の大ファンであることから吉田の代表曲「落陽」を店名に掲げており、日本アカデミー賞の最優秀作品賞に輝いた『半落ち』(2004年公開)などで知られる映画監督の佐々部清氏(2020年に逝去)をはじめ、漫画家や俳優、アーティストなど吉田の音楽を愛する多くの著名人も訪れる人気店だ。
また、全編にわたり吉田の楽曲を使用して話題となった佐々部氏監督作品『結婚しようよ』(2008年公開)には、マスターやママも出演している。

数年前、LAST FIRSTの所属する事務所社長が偶然同店を訪れ、雰囲気やマスターの心意気に感動。その後、メジャーデビュー前のメンバーを連れて再び来店し、互いの音楽に対する姿勢や愛情に意気投合したことで今回のライブ開催へつながったという。

駆けつけた熱烈なファンのペンライトが鮮やかに灯る中、メンバーはいつもの衣装ではなくラフな私服姿で登場。メジャーデビュー曲の「応援歌」やライブではおなじみの「カンチョリーッス」、メンバーが楽器を演奏しながらマスターやママとコラボパフォーマンスを披露するなど、終始アットホームな雰囲気で進められた。

マスターのギター、ママのベースに合わせ河島英五「酒と泪と男と女」やイルカの「なごり雪」など、昭和の名曲をLAST FIRSTが熱唱。普段のステージとはひと味違う魅力をファンへ届けた。

同郷・鹿児島県出身の西田あいが歌った「薩摩めぐり」など、マスターが作詞作曲を手がけた楽曲の中にはアーティストに提供した作品も多い。この日は「薩摩めぐり」のほか、メンバーが大好きだという新橋のテーマソング「新橋チャチャ」も披露され、会場は大盛り上がりとなった。

LAST FIRSTは、4月16日に、2021年冬からスタートしたファッションブランド「HAVE A NICE TRIP」とのコラボイベント第二弾を開催予定。スペシャルライブに加えて、栃木県・東武宇都宮駅百貨店大田原店の「HAVE A NICE TRIP」店内で、メンバーが一日店長として来場者を迎える。
詳細は、LAST FIRSTオフィシャルサイトまで。

フォーク酒場・落陽では音楽好きが集まる楽しいさまざまなイベントを随時開催している。詳細は、落陽オフィシャルサイトへ!

 

Now on Sale!!

2021年8月18日発売
LAST FIRST「Life is Beautiful」

「Life is Beautiful

作詞:YOUSUKE・Sara Sakurai 作曲:YOUSUKE 編曲:YANAGIMAN
c/w「カシオペアの夜に」
作詞・曲:YOUSUKE 編曲:栗林悟
c/w「応援歌 2021ver.」
作詞・曲:YOUSUKE 編曲:YANAGIMAN
c/w「カンチョリーッス 2021ver.」
作詞・曲:YOUSUKE、OSA、GACKY 編曲:栗林悟
日本コロムビア COCA-17913 1,500円(税込)

CHECK!!

LAST FIRSTオフィシャルサイト
LAST FIRST STAFF公式Twitter
LAST FIRST OFFICIALInstagram
LAST FIRST公式YouTubeチャンネル

フォーク酒場 落陽オフィシャルサイト

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。