• HOME
  • ニュース
  • 平均年齢75歳! ロス・インディオスが結成60周年記念コンサートを開催。いぶし銀の歌声でムード歌謡の真髄を披露

平均年齢75歳! ロス・インディオスが結成60周年記念コンサートを開催。いぶし銀の歌声でムード歌謡の真髄を披露

「コモエスタ赤坂」「知りすぎたのね」や、女性歌手・シルヴィアとのデュエットで人気を博したデュエットソングの定番曲「別れても好きな人」など、数々の大ヒットで知られるラテン歌謡ムードコーラスグループ、ロス・インディオスの結成60周年を記念したコンサートが、3月18日、東京・浅草公会堂にて開催された。

1962年にグループが結成された当時からの生え抜きであるリーダー・棚橋静雄を中心とした3名のメンバーは、平均年齢75歳になるが、いまだ衰えぬいぶし銀の歌声は健在。ジャズ・ポップス界で注目の女性ボーカル・ラモーナや、日本のトップミュージシャンで編成されたバンド「一番星」との共演で、ラテン・ムード歌謡の原点である生演奏にこだわったエネルギッシュなステージでファンを魅了した。

自身のヒット曲はもちろん、60周年を記念して発売したばかりの新曲「淋しがりや」など、黄金期のムード歌謡の魅力そのままに披露し、昭和歌謡の醍醐味たっぷりのステージを繰り広げた。

同会場での記念コンサートはこれで終わらず、年内にあと5回の開催が予定されており60周年の精力的な活動は続く。

「改めて声を作るトレーニングからスタートして今回のコンサートに取り組んでいます」(三崎一平)と、演奏などもすべて一から鍛え直しながら、改めてバンドで活動の楽しさを実感したといい、「大人でセクシー、そして温かい60~70年代の歌をたくさん聴いてほしい」(東郷太郎)と、ムード歌謡を歌い継ぐ次世代の歌手たちにもエールを送った。

左から、ボーカル・コンガの東郷太郎、ボーカルとリーダーを務める棚橋静雄、ボーカル・レキントギターの三崎一平。3月16日にリリースした60周年記念シングル「淋しがりや」は美しいハーモニーが心に残る。ムード歌謡の魅力を再認識させてくれる一曲だ。

83歳のリーダー・棚橋が「まだこの年で歌えて幸せ。1年でも長く歌えれば幸せです」と話すと、「リーダーに頑張ってもらって若い人に負けないよう70周年を目指したい」(東郷)、「リーダーの声が頼り。行けるところまでやります」(三崎)。強いチームワークとチャレンジ精神で60周年からのさらなる飛躍を誓った。

 

NEW RELEASE!!

2022年3月16日発売
ロス・インディオス「淋しがりや」

「淋しがりや
作詞:田久保真見  作曲:弦哲也  編曲:猪股義周
c/w「恋するふたり <ロス・インディオス & ラモーナ>」
作詞:石巻宗一郎  作曲:弦哲也  編曲:田村武也
テイチクエンタテインメント TECA-22019 1,35
0円(税込)

 

CHECK!!

結成60周年記念 ロス・インディオス コンサート

日時:2022年4月21日/6月18日/8月20日/10月27日/12月22日
会場:東京・浅草公会堂
時間:開場13:00/開演14:00
お問い合わせ:03-6300-7797(小林小屋)

ロス・インディオステイチクオフィシャルサイト

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。