• HOME
  • ニュース
  • 井上由美子がレギュラーラジオ番組のプレミア公開収録&新曲「さくら雨」発売記念ミニコンサートを開催

井上由美子がレギュラーラジオ番組のプレミア公開収録&新曲「さくら雨」発売記念ミニコンサートを開催

井上由美子がパーソナリティーを務めるラジオ番組『伊藤と由美子の心に吹く風』の公開収録が、3月12日、京都にて行われた。

この番組は、世界的大企業で社長や会長を務めた経験を持つ、京都在住で経営のスペシャリスト・伊藤謙介氏と演歌歌手・井上、そして京都府に会社を構える科研電機社長・浅倉修氏というでこぼこトリオによる経営トーク番組で、KBS京都ラジオにて毎週木曜日21時より放送している。
この公開収録は井上の新曲「さくら雨」が2月9日に発売されたことを記念して行われ、事前応募で当選したリスナーがスタジオに招待された。

番組冒頭にまずは井上から、伊藤氏が故郷の高梁市を舞台に作詞した作品「高梁慕情」を井上が歌うことになったのが縁だという伊藤氏との出会いが説明された。番組の名物コーナー「伊藤謙介の挫けないチカラ」は、科研電機社長の浅倉氏が経営者の立場で抱えるお悩みに伊藤氏が自身の体験談等をもとに回答するというコーナーだが、今回は会場にいるリスナーからのお悩みに答える場面もあり、人生経験豊かな伊藤氏にアドバイスをもらったリスナーはみんな笑顔を見せていた。

また、番組でもおなじみとなっている綾部市観光協会による綾部市観光スポットの紹介コーナーでは、初めて綾部市観光協会の坂本成樹氏が登場。これから見どころを迎えるミツマタの群生地を紹介し、リスナーへ綾部の魅力をアピール。今年は雪の影響で綺麗なミツマタを見られるのは少し先になりそうだが、春の訪れはもうすぐだ。

後半は公開収録の目玉として、井上の新曲「さくら雨」発売記念ミニコンサートを開催。伊藤氏作詞による「高梁慕情」や浅倉氏のお気に入りの曲だという「あすなろ酒」、新曲「さくら雨」と「秋桜の街」、そしてコンサートではおなじみ「ひとり北夜行」の全5曲を熱唱。情感豊かな歌声で会場を魅了した。

番組放送開始から1年が経ち、ようやくリスナーに生の声を届けられた井上は「こうして目の前でリスナーの方とお会いできて、ラジオをやっていてよかったなと思えました。うれしくて感謝の気持ちもいつも以上です」と挨拶。コロナ禍で少人数での開催となった今回だが「今度はもっとたくさんの皆さんをお迎えして公開収録ができたらいいなという目標ができました」と次回開催への意欲を見せた。

この公開収録とミニコンサートの模様は、『伊藤と由美子の心に吹く風 春のトクバン!』と題して3月20日(日)正午からKBS京都ラジオにて放送予定。

左から坂本成樹氏(綾部市観光協会事務局長)、井上由美子、浅倉修氏(科研電機社長)、伊藤謙介氏、相埜裕樹氏(KBSアナウンサー)

NEW RELEASE!!

2022年2月9日発売
井上由美子「さくら雨」

「さくら雨
作詞:宮下康仁 作曲:弦哲也 編曲:猪股義周
c/w「秋桜の街」
作詞:宮下康仁 作曲:弦哲也 編曲:猪股義周
キングレコード KICM-31052 1,400円(税込)

CHECK!!

井上由美子オフィシャルサイト
井上由美子公式Twitter

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。