• HOME
  • ニュース
  • 美貴じゅん子がデビュー25周年記念パーティーを開催。「これからがまた新たないちからの始まりだと思って頑張ります」

美貴じゅん子がデビュー25周年記念パーティーを開催。「これからがまた新たないちからの始まりだと思って頑張ります」

昨年歌手デビュー25周年を迎えた美貴じゅん子が、1月29日に東京・ホテル椿山荘東京にて「美貴じゅん子 デビュー25周年記念パーティー」を開催した。

壮大なイントロが流れると深紅の着物に身を包んだ美貴が登場。パーティーは昨年4月に発売されたデビュー25周年記念曲「土下座」で幕開けとなった。

「皆様に見守っていただきながらパーティーを行えることに感無量です。精いっぱい歌います。ぜひ楽しんでいってください」とあいさつすると、「土下座」のカップリング曲「風に誘われて」を歌唱した。
トークではMCに宮本隆治を迎え、自身の生い立ちやテイチクレコードからデビューした当時の話、銀座で仲居をしていた苦節時代のエピソードなどを当時の写真とともに振り返った。

(c)TomokoHidaki

カバーコーナーでは、美貴が初めて買ったレコードだという小林幸子の「おもいで酒」やかぐや姫の「神田川」、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、久保田早紀(現・久米小百合)の「異邦人」など誰もが知っている名曲をカバー。当時の記憶を一つひとつ辿るように歌い上げた。

美貴は「この曲を作った先生のもとで勉強したい」と、18歳の時に作曲家の聖川湧氏のもとへ「弟子にしてください」と何回も訪ね、弟子入りした。
「レッスンは厳しくて、泣きながら帰ったこともある」と懐古しながら語り、歌手になるきっかけとなった聖川氏が作曲を手がけた「流恋草」を、当時のことを思い出し目に涙を浮かべながら熱唱。大きな拍手に包まれた。

中盤では、美貴が芸能界の父として慕う新川二朗も応援に駆けつけ、「頑張り屋で、みんなに愛される子。これからも頑張ってご両親に孝行してほしい」と語ると自身の60周年記念曲『天・地・人』を披露し、美貴へ力強いエールを送った。

また客席には新川の他にも多くの歌手仲間が駆けつけていた。細川たかしが客席からサプライズ登場し、「浪花節だよ人生は」を美貴とともに熱唱した際には、会場の熱気もピークに。そして、大切な歌手仲間として紹介された水森かおりもステージに上がり、新人時代の美貴と水森の写真が映し出されると「やだ~!」と、二人は当時と変わらずはしゃぎながらも、美貴の復帰に水森は「どうしたかなとずっと心配していた。去年再会できて本当にうれしかった」と喜びを伝えた。

さらに、美貴の復帰にこの人なくしては語れないデビュー25周年記念曲「土下座」の作曲を手がけた岡千秋氏もステージに。ともに「浪花恋しぐれ」をデュエットし、曲中の岡の「酒や!酒買うてこい!」とおなじみのセリフが発せられると、会場からはそれに応えるように大きな拍手が湧き起こった。

(c)TomokoHidaki

「今日こうして皆様に見守っていただきながら歌えたのは、先輩方、歌手仲間のみんな、先生方。そしていつも応援してくださった皆様のおかげです。今まで25年ずっと走り抜けてきたわけではなかったので、25周年と言ってもまだまだ未熟ですが、これからがまた新たないちからの始まりだと思って、またここから精進していきたいと思います。これからもたくさんの方に歌を届け、愛される歌手になりたいと思います。今日ここへ来てくださった皆様、これまでたくさん支えてくださった皆様へ向けて歌います」

25周年記念曲「土下座」を再び歌い、最後はキム・ヨンジャの「陽は昇る」を熱唱し幕を閉じた。

■セットリスト
M1 土下座
M2 風に誘われて
M3 19の春(カバー)
M4 おもいで酒(カバー)
M5 神田川(カバー)
M6 木綿のハンカチーフ(カバー)
M7 異邦人(カバー)
M8 流恋草(カバー)
M9 ほおずき
M10 幸福(しあわせ)だより
M11 捨てられて(カバー)
M12 恋の奴隷(カバー)
M13 花(カバー)
M14 天・地・人(新川二朗)
M15 浪花節だよ人生は(with 細川たかし)
M16 浪花恋しぐれ(with 岡 千秋)
M17 潮騒-しおさい-
M18 バラの香水
M19 土下座
M20 陽は昇る(カバー)


Now on sale!!

2021年4月21日発売
美貴じゅん子「土下座」

「土下座」
作詞:柳田直史 作曲:岡千秋 編曲:坂本昌之
c/w「風にさそわれて」
作詞:柳田直史 作曲:岡千秋 編曲:坂本昌之
テイチクエンタテインメント TECA-21020 1,350円(税込)

CHECK!!

美貴じゅん子テイチクエンタテインメントサイト
美貴じゅん子オフィシャルブログ

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。