• HOME
  • ニュース
  • 鳥羽一郎、和田青児、桜ちかこら全6アーティストが「彩の国さいたまに和の華を~豊作まつり」で豪華競演

鳥羽一郎、和田青児、桜ちかこら全6アーティストが「彩の国さいたまに和の華を~豊作まつり」で豪華競演

鳥羽一郎をはじめ、和田青児、桜ちかこ、静太郎、二見颯一、宮坂志乃の6アーティストが一堂に会し9月19日、埼玉・さいたま市のさいたま市民会館いわつきでジョイントコンサート「彩の国さいたまに和の華を~豊作まつり」を開催した。

大勢のファンが詰めかける中、オープニングは和田青児と桜ちかこのデュエット曲「豊年まつり唄」で幕を開け、宮坂が「ヨコハマ・ラブストーリー」「雪蛍」、二見が「哀愁峠」「0時の終列車」、静が「冬港」「おふくろえれじぃ」、桜が「浜の恋唄」「瞼の母」「命のかぎり」、和田が「燃えて咲け」「与作」「里ごころ」などを次々と歌唱。

和田青児と桜ちかこ

最後は鳥羽がトリを務め、「少ない時間ですが、何曲か歌わせていただきます」とあいさつし、「北の鴎唄」をはじめ、「男の港」「カサブランカ・グッバイ」「兄弟船」、そして40周年記念曲第2弾となる最新曲「北海の花」など8曲を力いっぱい歌い上げた。

「鳥羽一郎というのは芸名です。いい名前をもらいました。三重県鳥羽市で生まれ、鳥羽一郎という芸名は師匠の船村徹先生からいただきました。もう早いもので鳥羽一郎も皆さんのおかげで歌手になって40年が経ちました。あと何年歌えるかわかりませんが、でもこれもあれもみんな皆さんのおかげでございます」と、40周年を迎えられた感謝の思いを話した。

コンサートは3時間を超える長時間にわたり、全30曲ものバラエティーに富んだプログラムで楽しませた。フィナーレは、「浅草三社祭 神輿会」が威勢のいいかけ声を会場中に響かせながら神輿を担ぎ、その神輿には鳥羽と桜が乗り、まるで本物の祭りのようなにぎやかさと興奮の渦の中、出演歌手たちも熱いかけ声でステージ上を盛り上げた。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。