• HOME
  • ニュース
  • 新しい歌謡曲の魅力をたっぷりと! 『USEN唄小屋vol.10 NEO歌謡曲大行進』で新浜レオン&二見颯一&平松賢人が共演!

新しい歌謡曲の魅力をたっぷりと! 『USEN唄小屋vol.10 NEO歌謡曲大行進』で新浜レオン&二見颯一&平松賢人が共演!

人気の無観客生配信コンサート『USEN唄小屋vol.10 NEO歌謡曲大行進 新浜レオン・二見颯一・平松賢人』が6月25日に開催され、今後の歌謡界で注目の若手歌手である新浜レオン、二見颯一、平松賢人が共演した。

オープニングトークから世代の近い3人は意気投合。自己紹介の後、和気あいあいとした雰囲気の中、まずはオリジナル歌唱コーナーがスタートした。トップバッターは、人気男性グループ・BOYS AND MENのメンバーでありながら、ソロとして歌謡曲に挑戦し続ける全力青年、平松賢人。ソロで発表している「灼熱ロマンス」を、バックダンサーに通称”灼熱ダンサーズ”のボイメンエリア研究生の内海太一、中下雄貴を従え華麗に披露した。

平松賢人と”灼熱ダンサーズ”の内海太一&中下雄貴

続いては、聴く人すべてに心地よく響く”やまびこボイス”を持つ二見颯一。デビュー曲である「哀愁峠」をやさしくも悲しげに歌い上げ、実力を見せつけた。

二見颯一

そして、いま話題の”演歌第七世代”から、USEN唄小屋の常連で甘いマスクの貴公子・新浜レオンが登場。人気曲「離さない 離さない」を情熱的かつ華麗なパフォーマンスで披露しファンを魅了した。

トークコーナーでは、影響を受けた楽曲やお互いのあるある話など同世代ならではの話で盛り上がり、また、抽選で選ばれたファンとの生電話では、3人は緊張する受話器の向こうのファンにやさしく話しかけ、好青年の人柄を垣間見せた。
また、同時進行でチャットルームも開設。たくさんの声援が寄せられると、3人もテンションが上がりひときわの盛り上がりを見せた。

新浜レオン

中盤に差しかかり、”新御三家”の郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎の楽曲をそれぞれが歌う企画歌唱コーナーへ突入。新浜は西城秀樹の「情熱の嵐」、平松は郷ひろみの「2億4千万の瞳」、そして二見は野口五郎の「私鉄沿線」をそれぞれのオリジナリティーあふれるパフォーマンスで熱唱した。また、新浜は平松のバックダンサーの2人「灼熱ダンサーズ」を引き連れダイナミックなパフォーマンスを展開した。

終盤は、平松が自身初のオリジナルムード歌謡でこの日が初披露となった「別れたっていいじゃない」、二見は最新曲「0時の終列車」、新浜は「ジェラシー 〜運命にKissをしよう〜」をフルコーラスで届け、新しい歌謡曲の魅力たっぷりに画面越しで応援するファンへ届けた。そして、3人で少年隊の珠玉の名曲「君だけに」でエンディングを迎えた。

アーカイブの視聴期間は、6月28日23時59分までとなっており、配信チケット(3,850円・税込)は28日21時まで販売されているので見逃した人も要チェックだ。
詳細は、https://eplus.jp/usenutagoya/まで。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。