• HOME
  • ニュース
  • LAST FIRSTが新曲「少年」をファンの前で初披露「いまの僕らだから歌える等身大の曲」

LAST FIRSTが新曲「少年」をファンの前で初披露「いまの僕らだから歌える等身大の曲」

LAST FIRSTが、4月29日、埼玉県・川越湯遊ランドで毎月恒例となっている定期ライブを行い、6月29日にリリースする新曲「少年」をファンに初披露した。

美しいハーモニーで人気を集める実力派ボーカルグループ・LAST FIRSTが放つ3作目の新曲「少年」は、リーダーのYOUSUKEが作詞作曲を手がけている。「あの日のあなたは、今日のあなたを好きでいてくれますか。」と、今を生きる自分の姿を見つめながら、通り過ぎてきた少年時代の自分に思いを馳せ自問自答する、シンプルな歌詞だからこそまっすぐに聴く者の心に届くメッセージソングだ。

この日は新曲の予約販売がスタートするということで、小雨がぱらつくぐずついた空模様のなか、そしてGW(ゴールデンウィーク)の初日にもかかわらず多くの熱烈なファンが会場に応援に駆けつけた。

幕が開くと、新曲「少年」をはじめ、ライブでおなじみのアップテンポなナンバー「カンチョリーッス」や「Baby Baby Baby」、昨年リリースした「Life is Beautiful」など、アンコール含め全9曲をパワフルに歌い上げた。

「初めて皆さんの前で歌うので緊張しています。『少年』は、さまざまな経験を経てきたいまの僕らだからこそ歌える等身大の曲。4タイプ発売になりますが、カップリングもどの作品たちにも僕らの全部が詰め込まれていますので、全部聴いてほしいです! みんなで一丸となってたくさんの方に届けていきたいと思います」(リーダー・YOUSUKE)

OSA

ATSUSHI

GACKY

今回は4タイプが同時発売。リード曲の「少年」のほか、それぞれにLAST FIRSTのオリジナル作品と、タイプAには「五番街のマリーへ」(ペドロ&カプリシャス)タイプBには「喝采」(ちあきなおみ)、タイプC「Tomorrow」(岡本真夜)、タイプD「ロマンスの神様」(広瀬香美)と、人気女性シンガーの名曲カバーを収録しており、ジャンルを超えた幅広い選曲でこれまで以上にカラフルなLAST FIRSTの歌声が楽しめる。
ライブ終了後の予約特典会は長蛇の列となり、予約数は前作を超え幸先の良いスタートを切った。

また、5月28日より、LAST FIRSTの「カシオペアの夜に」を星空や天体現象とともに堪能できるプラネタリウム作品『星の数ほど』が東京・有楽町のコニカミノルタプラネタリアTOKYOにて上映される。
今作品は「記憶に浸るための音楽」をテーマに制作され、2020年3月からプラネタリウム満天(池袋)で上映されていた作品で、このたびプラネタリアTOKYOの多目的デジタルドームシアター(DOME1)に合わせて再構築したスペシャルバージョンとなっている。

新曲の情報およびLAST FIRSTの活動の詳細は、随時LAST FIRSTオフィシャルサイトにて更新される。

 

NEW RELEASE!!

2022年6月29日発売
LAST FIRST「少年」
【タイプA】
「少年」
作詞・作曲:YOUSUKE 編曲:関淳二郎
c/w「Beach

作詞・作曲:YOUSUKE、GACKY 編曲:海津信志
c/w「五番街のマリーへ」(オリジナル/ペドロ&カプリシャス)
日本コロムビア COCA-18013 1,500円

【タイプB】
「少年」
作詞・作曲:YOUSUKE 編曲:関淳二郎
c/w「KOKOKARA

作詞・作曲:YOUSUKE、OSA、GACKY 編曲:海津信志
c/w「喝采」(オリジナル/ちあきなおみ)
日本コロムビア COCA-18014 1,500円

【タイプC】
「少年」
作詞・作曲:YOUSUKE 編曲:関淳二郎
c/w「Baby Baby Baby

作詞・作曲:YOUSUKE、GACKY 編曲:関淳二郎
c/w「Tomorrow」(オリジナル/岡本真夜)
日本コロムビア COCA-18015 1,500円

【タイプD】
「少年」
作詞・作曲:YOUSUKE 編曲:関淳二郎
c/w「レター

作詞・作曲:YOUSUKE、OSA、GACKY、ATSUSHI 編曲:星雄一郎
c/w「ロマンスの神様」(オリジナル/広瀬香美)
日本コロムビア COCA-18016 1,500円

 

CHECK!!

LAST FIRSTオフィシャルサイト
LAST FIRST STAFF公式Twitter
LAST FIRST OFFICIALInstagram
LAST FIRST公式YouTubeチャンネル

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。