• HOME
  • インフォ
  • 東京力車、約1年ぶりの新曲「Sole!~おまんた囃子~」を7月20日にリリース

東京力車、約1年ぶりの新曲「Sole!~おまんた囃子~」を7月20日にリリース

東京力車が、7月20日に「Sole!~おまんた囃子~」(読み:ソレ!おまんたばやし)をリリースする。

東京力車は、東京・浅草で人力車を引っ張る現役俥夫から結成された4人組。古き良き時代の日本の伝統文化を、令和のいまに伝えることをモットーに、“元気”と“笑顔”を届ける唯一無二のパフォーマンスユニットとして活動している。
「天下御免の伊達男」(2020年)、「ニビイロトーキョー ~チャンチキおけさ~」(2021年)と二作続けて発売初週にオリコン演歌・歌謡ランキング1位を獲得し、多くのファンを魅了。また、昨年12月には東京・浅草の老舗の浪曲寄席、木馬亭にて劇団・浅草21世紀とともに喜劇にも挑戦し、歌やダンスパフォーマンスだけではない幅広い才能をアピールした。

今作は、2021年8月にリリースした「ニビイロトーキョー ~チャンチキおけさ~」に続き、テイチクレコードの大先輩・三波春夫の楽曲に挑戦。「チャンチキおけさ」「世界の国からこんにちは」など数々のヒット曲があり、昭和から平成へと多くの方々に親しまれてきた三波春夫の楽曲の中から東京力車が選んだのは「おまんた囃子」。新潟県長岡市出身の三波が、1975年に地元から依頼を受け作詞作曲を手がけたヒット曲である。地元の糸魚川市では、毎年「糸魚川おまんた祭り」で多くの市民が曲に合わせて踊るなど、長年にわたって愛され続けており、日本を歌で明るく照らし続けた三波のように、“日本を元気に明るく”すべくこの楽曲をセレクトしたという。

また、前作に続き今作も前山田健一(ヒャダイン)が原曲に新たな歌詞とメロディーで命を吹き込んだ。

タイトルの”Sole(ソレ)”はイタリア語で太陽を表す。明るく力強く昇る太陽と、日本の伝統のかけ声「ソレ!」をかけ合わせた東京力車にぴったりのタイトルで、令和のお祭りソングとして話題になることは間違いない。

そして、本日4月14日は三波春夫の命日。メンバーからの強い意志もあり、この日に都内スタジオにてレコーディングが行われた。

「三波春夫さんが当時『新しい祭りを創る。新しい歌を創る。人間として一番倖せな時である』と残した言葉があります。偉大な先輩のこの大切な『おまんた囃子』を、前作に続きヒャダインさんに楽曲を作っていただきました。この言葉にある新しいかたちで僕たちは、地元の大切さ、日本全国中に笑顔や元気を与えることなどを伝えていきたいと思っています」(リーダー・石橋拓也)

昨年、演歌・歌謡曲界隈を激震させた”三波春夫×東京力車×ヒャダイン“という異例のタッグが1年ぶりに帰ってくる。明るい歌声で日本中を照らし続けてきた大先輩・三波春夫の背中を追い、東京力車が歌とパフォーマンスで全国に元気を届ける。

 

NEW RELEASE!!

2022年7月20日発売
東京力車「Sole!~おまんた囃子~」
<通常盤A>
TECA-22033/定価:¥1,350(税込)/シングルCD(マキシシングル仕様)
<通常盤B>
TECA-22034/定価:¥1,350(税込)/シングルCD(マキシシングル仕様)
<特別限定盤>
TECA-22035/¥1,350(税込)/シングルCD+エムカード1枚封入(ジュエルケース仕様)

CHECK!!

東京力車オフィシャルサイト
東京力車公式Twitter
東京力車公式YouTubeチャンネル

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。