• HOME
  • ニュース
  • 田川寿美が東京大神宮でファン30名と新曲「白秋」ヒット祈願&歌唱イベントを開催。七夕にちなみ短冊に願いを!

田川寿美が東京大神宮でファン30名と新曲「白秋」ヒット祈願&歌唱イベントを開催。七夕にちなみ短冊に願いを!

田川寿美が、7月6日、37枚目の新曲「白秋」を発売したのを記念して東京・千代田区の東京大神宮で新曲ヒット祈願を行った。

まずは社殿にて、この日のためにファンクラブの会員の中から募集し当選した30名のファンや、長年にわたり田川が師事している作曲家・幸耕平氏、近年のヒット曲「楓」「心化粧」などを手がけている作詞家・さいとう大三氏とともに新曲の大ヒットを願って祈祷を受けた。

その後、明日7日の七夕にちなみ、田川は境内に設置された笹の木に願いごとを託した短冊を飾り、短冊2枚に「『白秋』の大ヒットで携わるすべての人の笑顔が見られますように」「お客様、スタッフみんなが、それぞれの立場でそれぞれの喜びごとに出会えますように」という願いを託した。

1992年に「女…ひとり旅」で日本コロムビアからデビューし、今年4月にデビュー満30周年を迎えた田川。

「平成4年のデビューから歌謡界も足早に時代が変化してきたなと痛感していますが、応援してくださっている方々やスタッフの皆さんとのご縁で大好きな歌を続けることができ、一期一会の連続で、改めて幸せに感じています。私は神社めぐりが大好きで、コロナ禍のこの3年の間で200カ所ぐらい行きました。東京大神宮にも何度も訪れましたので、新曲『白秋』のヒット祈願で再び来ることができて、こんな幸せなことはありません。この3年間は、自分にとって精神的にもひとつ成長させていただいたいい機会になりました」(田川)

そして、同神社は縁結びにご利益のある神社としても知られているが、「ここのおみくじは的中率が高いそうなので、期待しています(笑)」と言って引いた「縁結びみくじ」は、「小吉」で「試練の兆し。焦らず慎重に時を待ちましょう」という文言に「いまは歌を頑張れよということですよ」と笑顔を見せた。

その後、ヒット祈願に参加した30名のファンの前で歌唱イベント行い、新曲をはじめカップリング曲「ふたりの花」、そしてデビュー曲の「女…ひとり旅」など全5曲を熱唱した。

また、幸氏とさいとう氏もステージに上がり、幸氏は「コロナが収まってきたころだったので、恋が芽生えるような歌もいいかなと思って、(さいとう)大三さんに相談して『白秋』を書きました」、さいとう氏は「寿美さんは歌唱力も表現力もあっていろいろなものが歌えるので、今回はちょっと毛色の変わった歌で皆さんに喜んでいただけたらいいなと思い『白秋』という歌が出来上がりました」と制作秘話を披露した。

左から田川寿美、作曲家・幸耕平氏、作詞家・さいとう大三氏。

新曲「白秋」は、人生経験を積んだ女性が戸惑いながらも恋に落ちてゆく女心を「白秋」というキーワードに乗せて表現したドラマティックな恋歌で、「白秋というのは、50代以降の年代をいう言葉なのだそうで、大人になってからこそまた真実の愛に出合えるという女性に対しての応援歌でもあるので、同世代の方々にも共感していただけたらいいなと思っています。私にも新たな出会いが来るといいですね」と話していた。

本日アンティーク調のハウススタジオで撮影した「白秋」のMV(ミュージックビデオ)も解禁された。30周年にふさわしい趣のあるMV。ぜひ下記からご覧いただきたい。

 

NEW RELEASE!!

2022年7月6日発売
田川寿美「白秋」

「白秋」
作詞:さいとう大三 作曲:幸耕平 編曲:坂本昌之
c/w「ふたりの花」
作詞:さいとう大三 作曲:幸耕平 編曲:南郷達也
日本コロムビア COCA-18023  ¥1,350(税込)

 

CHECK!!

田川寿美オフィシャルサイト
田川寿美日本コロムビアサイト
田川寿美オフィシャルブログ
田川寿美Instagram

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。